テキストエディタ「Mery」ベータ版 Ver 2.6.8 を公開、HTML Tidy 5.6.0 に対応

テキストエディタ「Mery」ベータ版 Ver 2.6.8 を公開、HTML Tidy 5.6.0 に対応

みなさん、テキストエディタ「Mery」をご愛用くださりありがとうございます。

Ver 2.6.7 は 1 年と 4 カ月ぶりの正式版ということで窓の杜さんと Vector さんで公開してもらっていますが、ご好評をいただいているようで大変うれしく思います。

それと同時に、当ブログのメインコンテンツだった最新ベータ版の存在意義がなくなったことでアクセス数が激減しまして複雑な心境です (´・ω・`)

そんなわけで、最新ベータ版をひねり出しました。

あと、巷で話題になっている Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) における縦書き問題につきまして、この場を借りてご説明いたします。

上野さんは不器用 4 (ヤングアニマルコミックス)

上野さんは不器用 4 (ヤングアニマルコミックス)
白泉社
トンデモ科学ラブコメ、アニメ化決定。大丈夫なのか…!?

スポンサーリンク

はじめに

テキストエディタ「Mery」の Ver 2.6.7 正式版では縦書き編集に対応しておりますが、縦書き編集においてダッシュ (―) やリーダー (…) などが横書きで表示されてしまうという問題が確認されています。

フォーラム 「――」や「……」が縦書きモードにおいて横に倒れる現象について

縦書きのダッシュ (―) やリーダー (…) などが横書きで表示されてしまう問題について

縦書きのダッシュ (―) やリーダー (…) などが横書きで表示されてしまう問題について

Ver 2.6.7 正式版のリリース時期とタイミングが近かったこともあり、「Mery のバグだな!」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが Windows 10 April 2018 Update のバグです。

参考 マイクロソフト社の情報サイト

この問題は Windows ワードパッドやジャストシステム社の一太郎などでも発生しており、現在、マイクロソフト社で修正に向けて対応中とのことです。

マイクロソフト社の情報サイトには "修正完了時期は現時点では未定です" と書かれていて心配になってしまいます。ちなみに、6 月 4 日時点で私の手元の環境 (Windows 10、バージョン 1803、OS ビルド 17134.81) ではまだ修正されておらず不具合が発生しています。

この問題につきまして Mery 側での修正などは予定しておりませんが、以下の 2 通りの方法で回避できることを確認しました。

  • DirectWrite を有効にする
    Mery の標準機能である DirectWrite を有効にすることで正常に描画されるようになります。ただし、DirectWrite が使用できるのはテキストの編集時のみで、印刷機能では使用できません。
  • バグの影響を受けないフォントを使用する
    縦書き印刷など DirectWrite が使用できない場合、標準では入っていませんが「HG 明朝」「HG ゴシック」などの HG シリーズのフォントは正常に描画されました。

DirectWrite の設定方法

設定方法 1

[ツール] メニューから [オプション] をクリックしてオプション画面を開き、[表示] タブをクリックします。

[表示] タブのページの右下付近にある [詳細 (D) ...] をクリックして詳細画面を開きます。

設定方法 2

詳細画面で [DirectWrite を有効にする (D)] のチェックボックスをクリックして有効にします。

これだけで設定は完了ですが、[レンダリングモード] などの項目を調節することで文字をより見やすくすることができます。

設定が終わったら [OK] ボタンをクリックして詳細画面およびオプション画面を閉じます。

設定方法 3

ダッシュ (―) やリーダー (…) が正常に表示されていることをご確認ください。

※ 印刷機能では DirectWrite を使用することはできませんのでご注意ください。

DirectWrite を有効にするときに、以下の項目を調節することでお使いのディスプレイに合わせて文字をより見やすくきれいに描画することができます。

  • レンダリングモード
    文字の描画方式を設定します。[Natural] は水平方向のアンチエイリアス、[Natural Symmetric] は垂直・水平方向のアンチエイリアスで文字をきれいに描画します。
    フォントサイズが小さい (10 ポイントぐらい) 場合は [Natural] を選択すると鮮明になりますし、大きい場合は [Natural Symmetric] を選択すると滑らかになります。
  • ガンマ
    ガンマ補正に使用する値を設定します。ディスプレイに合わせて見やすい値に設定します。(デフォルト値 1.80)
  • コントラスト
    アンチエイリアスをかけるときのコントラストを設定します。数値を大きくするほど文字がくっきりします。(デフォルト値 50)
  • ClearType レベル
    ClearType (サブピクセルレンダリング) で使う色の強さを設定します。0 に近づくとグレースケールなアンチエイリアスになります。(デフォルト値 100)
DirectWrite はハードウェアアクセラレーションを使用して文字を描画する仕組みです。レンダリングモードの設定やグラフィックボードの種類・性能によって描画速度が遅くなったり、動作しなかったりすることもあるようです。
縦書きで DirectWrite を使用するには Windows 8.1 以降、普通に DirectWrite を使用するには Windows 7 以降が必要です。

更新内容

テキストエディタ「Mery」をより快適にお使いいただくため、機能の更新や改善を行いました。以前のバージョンで問題が発生する場合は最新バージョンに更新してみてください。

ATOK で [テキストサービスを使用しない] 設定時の問題に対応

オンラインゲームなどで ATOK を使うと日本語入力ができなかったりゲームが強制終了する場合があるようで、ジャストシステム社のサポート FAQ では ATOK で [テキストサービスを使用しない] 設定を案内しているようです。

その [テキストサービスを使用しない] 設定にしていると、Mery のトゥルーインライン入力 (変換中の文字列を挿入モードで入力) で変換候補が表示されないという問題がありましたが、本バージョンにて対応しました。

HTML Tidy を 5.6.0 に更新

Mery の [ツール] メニューで [HTML Tidy] から使用できる HTML ドキュメントの整形およびエラーチェック機能ですが、搭載している HTML Tidy をバージョン 5.6.0 に更新しました。

HTML Tidy は以前のバージョンと比べると仕様が変わっています。

例えば TidyDropFontTags (<font> および <center> タグを破棄) が廃止されていたり、レガシーだった TidyHideEndTags (TidyOmitOptionalTags と同じ) が除去されたりしています。

HTML Tidy を 5.6.0 に更新

それと、Tidy のバージョンには関係ありませんが Mery では動作していなかった TidyNumEntities (数値文字エンティティの出力) などが使用できるようになりました。それにともない、TidyPreserveEntities (エンティティを保持する) オプションを追加しました。

[エンティティを保持する] オプション (デフォルトはオン) をオフにすればエンティティ変換にかかわる機能が動作します。

Hunspell を 1.6.2 に更新

[スペルチェック] 機能で使用している Hunspell をバージョン 1.6.2 に更新しました。以前のバージョン (1.3.4) から多くの安定性の改善、パフォーマンスの向上が図られています。

また、Hunspell 1.3.4 以降では API の仕様が変更されていますので Mery 2.6.7 以前に Hunspell 1.6.2 を導入しても動作しません。(逆に、Mery 2.6.8 + Hunspell 1.3.4 は動作します)

ファイルから検索ダイアログに [終了したら閉じる] オプションを追加

いわゆる grep 機能ですが、[ファイルから検索] と [ファイルから置換] のダイアログに [終了したら閉じる] オプション (デフォルトはオン) を追加しました。

ファイルから検索ダイアログに [終了したら閉じる] オプションを追加

[終了したら閉じる] をオフにしておくことでダイアログを表示したまま連続して grep することができるようになりました。

その他の改善点

お寄せいただいたご意見・ご要望を参考にいくつかの問題を改善しました。

行末を超えた状態での矩形選択の置換の挙動を修正

矩形選択の状態で置換を行った場合、空白の数の計算に問題があったため意図せぬスペースが入ることがあった問題を修正しました。

フォーラム 矩形選択時の正規表現置換の際、意図せぬ半角スペースが入る

[編集モード] と [マーカー] のアクセラレータキーが重複していたのを修正

[表示] メニューの中で [編集モード (M)] と [マーカー (M)] のアクセラレータキー「M」が重複していたのを修正しました。[マーカー (K)] に変更となっていますのでご注意ください。

プラグインフレームの幅を 0 にしたときに元に戻らなくなっていた問題を修正

アウトライン機能などフレームを使用するプラグインで、表示位置を [左] または [上] に設定してフレームの幅・高さを縮めていくと端に吸着し、その状態でウィンドウサイズを変更すると、その後、元に戻せなくなるという問題を修正しました。

フォーラム サイズ変更時のアウトラインプラグインの挙動

余談ですが、この問題は開発環境 Delphi の不具合のようで対策にはちょっとコツが必要です。普通に Delphi を使っていると遭遇しそうなので、Delphi 開発者向けに対策を記載しておきます。

Delphi での対策

現象の再現方法ですが、フォームに TPanel (Align = alLeft) と TSplitter (Align = alLeft, AutoSnap = True) を配置して、スプリッターを左に縮小していき、パネルが吸着して幅が 0 になったらフォームのサイズを変更します。

その後、スプリッターを移動しようとしても二度と動かなくなっています。

対策は 2 つあり、簡単な対策としては TPanel の Constraints.MinWidth を 1 に設定するというものですが、副作用として最小の幅が 1 なのでちょっとだけ見えちゃうという悲しさがあります。

2 つ目の対策は、AlignControls をオーバーライドしてがんばります。

protected
  procedure AlignControls(AControl: TControl; var Rect: TRect); override;
procedure TForm1.AlignControls(AControl: TControl; var Rect: TRect);
begin
  inherited;
  if Panel1.Width = 0 then
    Panel1.Left := Splitter1.Left;
end;

最新版の Delphi 10.2.3 Tokyo Starter Edition でも同様の不具合が発生していたので、もうこの不具合が直ることはないのかもしれませんが、こういうところが Delphi らしくて泣きたくなります。

プリンタ設定の紙の向きが保持されなくなっていた不具合を修正

縦書き印刷に対応したときに「縦書き印刷なら紙の向きは横がいいよね」と思って設定していたのですが廃止しました。

縦書きの場合でもプリンタ設定の [印刷の向き] はデフォルトで縦になりますが、Mery を終了するまでは設定が保持されます。そもそもプリンタ設定画面は OS 側ということで Mery 側からは何もしないことにしました。

アプリケーションアイコンに 8 ビットカラーを含めた

8 ビットといってもファミコンみたいなデザインという意味ではなく 256 色という意味です。この 8 ビットカラーアイコンは、古い環境や仮想 PC などで画面の色数が 16 ビットカラー以下の場合に使用されます。

Mery の動作検証で使用していた Windows XP マシンがお亡くなりになってしまったので Windows 7 の XP Mode を試してみたところ、画面の色数が High Color (16 ビット) しか選択できないようで、Mery のアイコン (32 ビットカラー) の表示が残念なことになっていました。

こんなアイコンだと動作検証やる気が起きないよ!ということで、8 ビットカラーのアイコンを含めましたが目にする人は少ないでしょうね。

設定にかかわらず Mery.his ファイルが生成されていたのを修正

[ツール] メニューの [オプション] を開いて [履歴] タブの中にある [カーソル位置とブックマークを保存する] にチェックを入れている場合、C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Mery 配下に Mery.his というファイルが生成されます。

この Mery.his というファイルは、カーソル位置とブックマーク、縦書きモードの ON・OFFをファイルごとに記録するためのファイルです。

本来であれば [カーソル位置とブックマークを保存する] を無効にしているとファイルは生成されず、設定も保存されないはずなのですが不具合により無効にした状態でも生成されていたのを修正しました。

トゥルーインライン入力で変換中にサロゲートペア、IVSが正しく表示されない不具合を修正

トゥルーインライン入力というのは変換中の文字がリアルタイムで文章に反映される機能で、[ツール] メニューから [オプション] を開いて [基本] タブの中の [変換中の文字列を挿入モードで入力] のチェックボックスをオンにすれば使用できます。

このトゥルーインライン入力で、変換候補にサロゲートペアや IVS が含まれていると正常に表示されなかった問題を修正しました。

フォーラム 「変換中の文字列を挿入モードで入力」オンで変換中サロゲートペアな文字の表示がおかしい

ダウンロード

Mery Ver 2.6.8 (32 ビット版) ZIP Mery Ver 2.6.8 (32 ビット版) インストーラ Mery Ver 2.6.8 (64 ビット版) ZIP Mery Ver 2.6.8 (64 ビット版) インストーラ
VirusTotal で誤検出されたり SmartScreen で保護されたりしますが、もちろんウイルスではありません。ご心配な方は正式版が Vector さんか窓の杜さんで公開されるまでお待ちください。

おわりに

開発支援に協力してくださったみなさん、ご意見・ご要望を投稿してくださったみなさん、Mery をご愛用いただいているみなさん、ありがとうございます。

前回の Ver 2.6.7 正式版リリースにともない精神的なプレッシャーにやられて胃が痛くなっておりましたが、何とか本バージョンをリリースし、記事を最後まで書き上げることができました。

シンプル志向のテキストエディタであることやモチベーション的なこと、技術的なことや時間的なことなどを理由に、ご意見・ご要望にお応えできないところは多くありますが、いつも開発の参考にさせていただいていますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

あと、Amazon で 6 月 17 日まで Amazon Echo Dot が 1,000 円オフになっていますので!

Amazon Echo Dot、ブラック

Amazon Echo Dot、ブラック
Amazon
→ 急げ!人気の Amazon Echo Dot が 1,000 円オフ。

スポンサーリンク

関連する記事

フォローする

スポンサーリンク

コメント (19)

  1. ベータ版、おかえりなさい!w

    そして、矩形選択時の置換挙動、修正ありがとうございました(._.)

    また仕事にプライベートにとゆるく活用させていただきます!

     |  yuko
  2. >> yuko さん
    コメントありがとうございます!
    やっぱベータ版、落ち着きますわーw

    矩形選択の件、仕様上、固定ピッチフォントならきれいな結果になりますが、プロポーショナルフォントだとちょっと残念なことになります。(埋める空白の数は合ってるんですけど、見た目が…)

    > また仕事にプライベートにとゆるく活用させていただきます!
    ありがとうございます。お手柔らかにお願いします~ ^^

     |  Kuro
  3. Mery のリリースとブログの更新お疲れ様です。

    本体のバージョンアップは常に行っていますが、マクロは既に使っていないモノがフォルダに入ったままなので
    「そろそろイチから再設定しようかな」と思っていた矢先の2.6.8リリースでした。
    (※ 相変わらずガッツリ使い込めていないので近況でお茶を濁す)

    支援でおススメされている Fire TV Stick は前回のセール時にアフィ踏んで購入しました。
    あの価格で atom 搭載のタブレットPCよりも圧倒的に操作が快適で映像も鮮明で驚きました。
    コメントが回し者っぽいですが、ホント凄いですよね。

     |  アイスクライマー
  4. Delphi Tips ここだけだと、なんだかもったいないですね。

    「終了したら閉じる」地味に便利ですね、ありがたいです。
    そこで、もし気が乗ったらで構いません、
    コマンドライン引数で Grep オプションを指定できると便利です
    (今はファイラから UWSC 経由で /fd 起動しそのウィンドウIDにパスを渡してます)
    ご検討して頂けると嬉しいです。

    Grep結果、タブ名に、検索文字列とファイルの種類がセットされて
    判り易くて良いのですが、タブ名変更ってマクロで可能ですか?
    (H○ですと、見出しバー/タブ名の変更できるので
     異なるフォルダ下の同名ファイルを幾つも開くことが多く、判りやすくするため
     タブ名を"直上フォルダ/ファイル名"に変えてるので、ついMeryさんにも期待。
     既存でしたら不勉強です、失礼しました)

    お腹に気をつけて、開発(マイペースで)頑張ってください。

     |  通りすがり^2
  5. 上の方と近い質問なのですが、コマンドラインから Grep したい時はどんな方法が推奨でしょうか。

     |  sunday
  6. ベータ版落ち着くのわかる気がするw

    あらためて、スペルチェックがついているのに驚きました。最近、英語書かないといけないこともよくあって、outlookやwordでやってくれるスペルチェックがnotepadにないので、エディタにはないよなぁ…と思ってたりしたので、Merryにあったので、ちょっとびっくり&これから使ってみますね。

    ファイル検索もうまく使うと便利そうですねぇ。自分はbaregrepという海外製のやつを使っていたのですが、似たような感じでMerryでも出来そうな気がしました。通りすがり^2さんが言われているように起動オプションでファイル検索モードになれると便利かも。自分はCloberのツールバーにbaregrepのショートカットを置いていると、Cloberで開いているフォルダ配下で検索したいときに、そのボタンを押すとそのフォルダがデフォルトで検索対象になっていて、検索文字列を入れればいいだけになるので、結構使いやすいんですよね。同じような感じで、Merryの起動オプションでファイル検索モードでフォルダ指定などができれば便利そうですね。

    ついでに、マーカーバーでマーカーをクリックしたときに、カーソル位置からしか検索してくれないのがちょっと悲しいです。できれば、普通の検索と同じく、先頭に戻ってくれるようにできたり、常に先頭から検索とか、マーカーだけを検索した結果をgrepと同じように別窓にライン番号とともに表示とか、前後3行ずつ合わせて表示とかいろいろできるといいなぁ。普通の検索でもこの辺のことができると嬉しかったりします。

    では、また、次のベータ版お待ちしてます。

     |  kapi
  7. >> アイスクライマー さん
    コメント&ダウンロードありがとうございます。

    > 本体のバージョンアップは常に行っています
    ベータ版というネーミングを気にしない感じの心強いお言葉、ありがとうございます。
    マクロですかー。私はしょっちゅう OS を再インストールするしバックアップも取らない派 (そんな派イヤすぎ) なので登録マクロはほぼゼロですね。今日は 1 つマクロを組みましたが…w

    > 支援でおススメされている Fire TV Stick は前回のセール時にアフィ踏んで購入しました。
    ご協力ありがとうございます!
    オススメしておきながら、私はまだ買ってないんですよね… ^^;
    今回のセールで注文しようと思っているのですが、上位機種と迷ったりしていて、だれか背中を押してくれないかなーと思って記事に書いてみました。

    > コメントが回し者っぽいですが、ホント凄いですよね。
    そこまでオススメされると買ってしまいそうになります!w

    >> 通りすがり^2 さん
    > Delphi Tips ここだけだと、なんだかもったいないですね。
    Delphi Tips は需要がなさすぎるので、ほかの人が書いてる記事は読みたいけど自分では書きたくないですね ^^;

    > 「終了したら閉じる」地味に便利ですね、ありがたいです。
    ご要望でいただいた案なのですが、私もコレ便利!と思いました。アイデアをくださった方、ありがとうございます!

    > コマンドライン引数で Grep オプションを指定できると便利です
    覚えておりますとも…。当時は、参考にしますーとか言ったと思いますがオプション多すぎて実装が大変そうでウヘェってなってそのまま… ^^;
    コマンドラインからの場合、ダイアログ表示なしで Grep が走ったほうが便利そうに思いますが、それだとマクロ経由で行けちゃうかも?

    >> sunday さん
    コマンドラインからの Grep 呼び出しは、引数に「/fd」です。
    フォルダやオプションを指定する機能はございませんので、[ファイルから検索] ダイアログの操作は手動で行っていただく必要があります。

    >> kapi さん
    コメントありがとうございます。

    > ベータ版落ち着くのわかる気がするw
    ですよね!バグが出ても「テヘw」で OK ですし…。

    そう言われてみるとフリーソフトでスペルチェック機能があるものは少ないかもしれませんね。標準では英語のみですが、辞書ファイルは OpenOffice の辞書と互換なのでフリーでドイツ語やらフランス語なんかにも対応可能です。

    ちょっとやり方がわかりにくいので、今度、ブログ記事で解説しようと思っています。

    > 起動オプションでファイル検索モードになれると便利かも
    起動オプション「/fd」を指定すればファイルから検索モードで起動できます。
    デスクトップの Mery のショートカットをコピー貼り付けして、ファイルの [プロパティ] から [ショートカット] の [リンク先] の末尾に [/fd] を追加するだけです。

    "C:\Program Files\Mery\Mery.exe" /fd

    ↑こんな感じ。
    普通に起動すればファイルから検索モードで起動しますし、ショートカットにフォルダなどをドロップしてやれば、あらかじめそのフォルダが指定された状態で起動します。

    > マーカーバーでマーカーをクリックしたとき
    そうなんですよね。マーカーバーからの検索については実装するときに、普通の検索と連動させたほうがいいのか、別にするか非常に悩んだポイントです。話せば長くなりそうですが、この仕様についてはいろんな方のご意見を聞きたいところですね。

    > マーカーだけを検索した結果をgrep
    面白い機能ですね。開発のことを考えるとゾッとしますが、そういう機能は使ってみたいかもです ^^

     |  Kuro
  8. 最後のウインドウだけで構いませんので(閉じるたびに上書き)、そのウインドウのタブの状態を保存・起動時に復元の機能を標準で付けていただけないでしょうか。この機能がないためにMeryが選択肢から外れてしまうのです。

     |  名無しさん
  9. >> 通りすがり^2 さん
    追伸ですが、マクロからタブの文字列を変更する機能はありません ^^;

    >> 名無しさん さん
    MeryWiki のマクロライブラリに「終了時状態保持・復元」がありますが、いかがでしょうか?

     |  Kuro
  10. >マクロからタブの文字列を変更する機能はありません ^^;
    Grep の検索文字列とファイル種類が、タブの文字列になるのを見て、
    もしかして‥と思ったのですが、残念です。

     |  通りすがり^2
  11. >> 通りすがり^2 さん
    ソースを確認してみましたが、grep のときは検索文字列とファイルの種類、ハードコーディングしてますね。
    H〇さん、どんな仕様なんだろうと思って見てみましたが、設定がどこにあるのやら。(上級者向け設定ポチったら、ウアァァ!ってなってそっと閉じ…)

    実は以前にご要望があり、タブの文字列をユーザさんが書式指定できるような機能をつけようとしたことがあるのですが、具体的な仕様までは話が膨らまず終わってますね。そのときに「無題」タブだけは指定できる機能が搭載されてますw

    マクロから自由に設定となるとちょっと厳しいですが、書式指定である程度カスタマイズできるぐらいであれば実装してもいいかもしれませんね。(H〇さんの上級者設定レベルでしたら、Mery だと隠し機能になりそうですが)

     |  Kuro
  12. ご確認ありがとうございます。
    H〇さん、設定はなく、マクロで
    title $newname, 3;
    // 0:キャプション, 1:ステータスバー, 2:見出しバー, 3:タブモードのタブ名
    title -1, 3;
    // 現在設定されているキャプション他をマクロ終了時も残す
    としてます。
    表示したいファイル名の加工がちょっと(マクロ文法がアレなので)面倒ですが‥
    作ったマクロは、マクロ登録⇒自動起動⇒ファイルを開いた直後 に登録し、
    マクロキャッシュを自動作成して高速化、をチェックしてます。

    sakuraさんだと、設定→共通設定→タブバー→タブの外観→タイトルに、
    三項演算子みたく謎の変数
    ${w?【Grep】$h$:【OutPut】$:$e$g$}${U?(更新)$}${R?-View$:-Ro$}${M?【マクロ記録中】$}
    を設定してます(最近HPが github に移ったようです)

    E○さんはむかし、タブはWindows 標準のコントロールを使ってて、
    フォントサイズも独自には変更できないって、見た気がします。

    隠し機能で充分ですので、ご検討よろしくお願いしますね。

     |  通りすがり^2
  13. >> 通りすがり^2 さん
    ご返信ありがとうございます。
    なるほど、H〇さんでもマクロでいじくる感じだったのですね。

    そうそう、私が作ろうとしていたのはサク〇さん方式で、設定画面 (隠し機能なので INI 直書き) から謎の変数を書くヤツでした。$(FileName) とか $(Path) とかで書ける感じ。

    でもサク〇さんのその変数を見てしまうと、実装する自信がなくなってきました… ^^;

    やはりH〇さん方式で、一応タブの文字は変更できるようにしといたから、あとはマクロで頑張って書いてね!っていう感じのほうが作りやすいかも…。

    > E○さんはむかし、タブはWindows 標準のコントロールを使ってて、
    Mery でも Windows 標準のコントロールを使っています。フォントとかはシステムフォントになってしまいますし色を変えたりなんかはできないですね。

    ついでに、先ほど風呂に入っているときに、コマンドラインから grep オプション指定してダイアログなしの grep するヤツの綺麗な実装方法を思いついたので軽く試してみたら、行けそうだったので次のバージョンでは搭載できるかもです。

     |  Kuro
  14. >コマンドラインから grep オプション指定してダイアログなしの grep
    さりげなく搭載されてたりして、とても楽しみです。

    >色を変えたりなんかはできないですね。
    以下、カレントタブの強調の補足です、ご参考まで。

    H〇さん、ファイルタイプ別の設定→デザイン→タブモードでのタブの色・
    非アクティブなタブの色(それぞれ、文字の色・背景の色・スタイル の設定あり)
    別に、動作環境→ウィンドウ→タブモードの詳細→アクティブに線・アクティブ面の色
    (アクティブ面の色が、ファイルタイプ別の設定よりも優先みたい)

    サク〇さん、アクティブタブの上端の色が変わる(設定可か不明、最近余り弄らないので (^^; )

    E○さん、「アクティブなタブの見分けがつき難いので、
    カスタマイズ→タブ→スタイル:ボタン にするくらい」と、以前見た覚えがあり、
    今見てみると同所に、アクティブなタブを強調表示 が増えてて、タブ下端に色けれました(v17.8.0 β4 )
    最近まで(すくなくとも 17.4 には)ありません、何時の間に‥、あなどれません。

    H〇さんのはやりすぎ感ありますし、アクティブタブに閉じるボタンの Mery さん位が丁度いい感じ、
    (でも、((上)|(下))端に色つくと、もっといい感じかも)です (^^;

     |  通りすがり^2
  15. >MeryWiki のマクロライブラリに「終了時状態保持・復元」がありますが、いかがでしょうか?

    イベントに「ウインドウを閉じた時」がないため「文書を閉じた時」で設定せざるを得ず、
    ウインドウを閉じたときには一応機能するが、タブを閉じたときにまで反応してしまい実質使えません。

    手動でやるのは面倒臭すぎです。

     |  名無しさん
  16. >> 通りすがり^2 さん
    情報ありがとうございます。
    ほんとだ、E〇さん、最新ベータ版ではタブに下線機能が実装されていますね。

    タブへの色付けは技術的に難しいわけではないのですが、Windows 標準のコントロールで実装すると、タブに色付けや線を書いちゃうと Windows の VisualStyle が適用されないクラシックスタイルになってダサくなってしまうんです。

    H〇さんは、デフォルトだと VisualStyle 対応のタブですが、色付けするとクラシックスタイルになりますね。サク〇さんは Windows 10 で試したせいか、色付けはされませんでした。

    E〇さんは VisualStyle が適用された状態で線を引けているので、どういう仕組みなのか気になりますね。線のようなオブジェクトを無理やり重ねて表示しているのかな。

    Mery は Windows 標準っぽいデザインをコンセプトにしているので…、すみません… ^^;

    >> 名無しさん さん
    ご返信ありがとうございます。

    なるほど、そういうご意見は以前に何度かいただいたことがありますね。確か、「ウィンドウを閉じたとき」イベントを作ったとしてもマクロだとうまく動作しなかったのです。

    で、ワークスペース機能を実装するのは大掛かりすぎるので、最後に閉じたウィンドウだけでよければできそうだけどどうします?ってところで終わっていたのですが、その時の名無しさんでしょうか? (別のかたでしたらすみません)

    もしそうであれば、試しに作ってみますので、参考 (パクリじゃないよ!) までに今お使いのエディタで状態保存復元を使われているエディタ、教えていただけると助かります ^^

     |  Kuro
  17. マクロ[イベントで実行]の、[タブを移動した時]と[アクティブな文章が変更された時]
    の違い(トリガとか目的)の資料って、何処を見ればいいでしょうか?

    ステータスバーに document.FullName を加工し表示する簡単マクロを、
    [イベントで実行]したのですが、タブクリック・次の文章・前の文章で、
    [タブを移動した時]では起動されず、[アクティブな文章が変更された時]で起動されました。

    [アクティブな文章が変更された時]で目的は達せられたのでいいのですが、気になったもので。
    宜しくお願いします。

     |  通りすがり^2
  18. 今はgPadを使ってます。

     |  名無しさん
  19. >> 通りすがり^2 さん
    マクロイベントの資料、そう言われてみるとヘルプに書いてませんね。やる気が出てきたら書いておきます ^^

    [アクティブな文章が変更された時] は、まさにその通りで、タブが切り替わった時になります。

    [タブを移動した時] は、タブをドラッグ&ドロップで他の位置に移動させたときに発動するイベントです。

    >> 名無しさん さん
    ご返信ありがとうございます、参考にしてみます!

     |  Kuro

コメントを残す