テキストエディタ「Mery」ベータ版 Ver 2.6.12 を公開、Per-Monitor V2 に対応

テキストエディタ「Mery」ベータ版 Ver 2.6.12 を公開、Per-Monitor V2 に対応

みなさん、ベータ検証のご協力ありがとうございます。

エクスプローラーのダークモード対応やモリサワの「BIZ UDゴシック」搭載などで話題の Windows 10 秋の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」が降ってきました。

エクスプローラーのダークモード対応

この大型アップデートですが、適用すると Documents フォルダのユーザーファイルが消失することがあるという問題が見つかったようで、話題性としてはすごかったですね。

ダークモードだけに黒歴史も作っちゃったっていうマイクロソフトのブラックジョークでしょうか。

私はダークモードを試してみたくて真っ先にこのアップデートを適用してしまったのですが、Documents フォルダに置いてある Mery の ソースコードは無事でした。

そんな状況ですから、まだ Windows 10 October 2018 Update を適用されていない方も多いと思いますが、Unicode 11.0 の新しい絵文字に対応したり「BIZ UDゴシック」を搭載したりして、テキストエディタを作っている人からするとワクワクな感じです。

モリサワ「BIZ UDゴシック」搭載

マイクロソフト公式の等幅フォントとしては「MS ゴシック」以来となる「BIZ UDゴシック」も早速試してみました。

モリサワの UD フォントはビジネス文書向けに作られたというだけあって、白背景でも黒背景でも美しく、本当に見やすくて読みやすいです。

Mery の標準フォントは「MS ゴシック」でしたが、本バージョンでは Windows 10 (1809) 以降の環境において「BIZ UDゴシック」を標準フォントにしてみました。

などと最新の話題を提供しつつ、今回のネタは古いのですが、Windows 10 Creators Update [バージョン: 1703 ビルド: 15063] 以降で搭載された Per-Monitor V2 DPI Awareness に対応しました。

Per-Monitor DPI Awareness というのは表示スケールの異なるマルチディスプレイ環境で、アプリケーションがディスプレイをまたいで移動したときに自動的にアプリケーションの表示スケールを変更する機能です。

従来の Per-Monitor V1 ではスケーリングできる領域が限られており、ポップアップメニューやスクロールバーなどには適用されませんでしたが、Per-Monitor V2 では非クライアント領域をはじめ、コモンダイアログ、コモンコントロールなどをスケーリングできるようになりました。

それからもう一つ、正規表現を使用する他のアプリケーションとの互換性を高めるために、正規表現の置換における仕様変更を行いました。

今回の正規表現の置換における仕様変更に関わる表記を使用している場合、書き換えが必要になることもありますのでご注意ください。

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (Newモデル) 16GB

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (Newモデル) 16GB
Amazon
驚きのコスパ。ついに新型が出た!

参考 Fire タブレット (2017) を買って思ったこと、気になったこと、最初にやったこと。 - Haijin Boys Online
スポンサーリンク

新機能

開発が大変なわりに地味な Per-Monitor V2 対応ですが、今後、Windows デスクトップアプリケーションが生き残るために対応しておかなければならない機能の一つです。

Per-Monitor V2 に対応

Per-Monitor V2 に対応 1

上の図はどちらも表示スケールを 175% に設定したものですが、従来はスケーリングが適用されずに残念なことになっていたチェックボックスやコンボボックスなどのコントロールが Per-Monitor V2 ではきちんとスケーリングされるようになりました。

Per-Monitor V2 に対応 2

また、従来は解像度の高いディスプレイでは見えづらくなっていた閉じるボタンですが、これもスケーリングに合わせて拡大・縮小するようにしました。

[ファイルを開く] ダイアログや、[編集モードの設定] 画面や [マーカーの設定] 画面など多くのダイアログでもスケーリングが適用されるようになっています。

Per-Monitor V2 を使用するためには Windows 10 Creators Update [バージョン: 1703 ビルド: 15063] 以降が必要です。

色分けの特定の項目でスタイルの透過を採用

新機能ってほどではないのですが、色分けにおいて [マーカー]、[自動マーカー]、[検索した文字列]、[不正なスペル] の項目ですが、これらはすでに色分けされている部分に対して上から色付けするといった性質なので、太字や斜体といったスタイルは下の色分けのものを透過するようにしました。

色分けの特定の項目でスタイルの透過を採用

例えば、図のようにマーカーに [斜体] を設定して「winbows」をマーカーに登録、不正なスペルに [波線] を設定して「windows」のスペルを間違え、さらに [検索した文字列] に [太字] を設定して「like win」で検索します。

すると、マーカーの部分は斜体、スペルを間違えている部分は波線、さらに検索した部分は太字になります。

従来、この条件下で「win」の部分に適用されるスタイルは [不正なスペル] の波線のみでしたが、本バージョンからは複数のスタイル、つまり斜体 + 波線 + 太字の 3 つのスタイルが同時に適用されるようになりました。

[次の変更行]、[前の変更行] のコマンドを追加

[次の変更行]、[前の変更行] のコマンドを追加

メニューには表示していませんが、ポップアップメニューやショートカットキーに割り当てて使用できる [次の変更行]、[前の変更行] コマンドを追加しました。

[変更行を強調表示] しているとき (していなくても構いませんが) に、上下の変更行に素早く移動できる機能です。

仕様変更

本バージョンでは正規表現まわりの仕様変更が含まれています。今までに Mery で書かれた正規表現の挙動に影響が及ぶことも考えられますが、正規表現を使用する他のアプリケーションとの互換性を高めるためのものなので、ご理解いただけると幸いです。

[置換後の文字列] で "$01" ~ "$99" に対応

正規表現による置換において、番号付きグループの置換は\1\9$1$9に対応していましたが、これに加えて$01$99の 2 桁表記に対応しました。

なお、互換性維持のため\1\9は従来通りの仕様のままにして "\01" ~ "\99" のような 2 桁表記は使用できないようにしています。

$1$9を使用するときは、例えば、従来は "$11" と記述すると "$1" (番号付きグループ) と "1" (文字列) と解釈されていたものが$11 (番号付きグループ) という解釈になりますので、既存の正規表現で使用している場合はご注意ください。

$00のような表記についても同様で、従来は "$00" と記述すると "$0" (一致した文字列全体) と "0" (文字列) と解釈されていたものが$00 (一致した文字列全体) という解釈になりますので、$&0のように書き換えていただく必要があります。

[置換後の文字列] で "$&" に対応

一致した文字列全体の置換として$&を使用できるようにしました。なお、$0は従来通り使用可能ですが、"\0" は実装していません。

[置換後の文字列] で "$" 文字の置換に対応

正規表現による置換で置換後の文字列として、例えば$1を番号付きグループの置換ではなく文字列として使用したい場合にエスケープできるようにしました。

$1をエスケープしたい場合は$$1という表記になります。

[置換後の文字列] で \b に対応

お寄せいただいたご意見から、\b を置換文字列として使用できるようにしましたので、置換文字列に使用できる制御文字のエスケープ文字は下記の 8 つとなりました。

記号意味16進エスケープ文字
BELベル07\a
BS後退08\b
HT水平タブ09\t
LF改行0A\n
VT垂直タブ0B\v
FF書式送り0C\f
CR復帰0D\r
ESC拡張1B\e

更新内容

本バージョンでは他にもいくつかの不具合修正や機能改善が含まれています。現在、お使いのバージョンで問題がある場合はバージョンアップで改善されるかもしれません。

[詳細なテキストサービス] がオフの場合の動作を修正

Windows Vista 以上で Microsoft Office IME を使用して [詳細なテキストサービス] をオフにしている場合、トゥルーインライン入力が正常に動作しなかった問題を改善しました。

スクロールマージンによる中央固定の動作を改善

隠し機能で実装しているスクロールマージンの設定ですが、この数値にでっかい値を設定してやるとカーソルを画面中央で固定できるという副作用を利用した小技がありましたが、需要があるとは思っていなかったので雑な作りになっていました。

というのも、完全に中央固定になるわけではなく、画面に表示される行数によっては中央付近で 2 行分ぐらい可動範囲ができることがありました。

前のバージョンで半ページ送りなる機能を実装したときに、このスクロールマージンを使った小技との組み合わせの評判が良かったので、きちんと中央で固定されるようにしました。

まだ隠し機能のままですけどね。

スクロールマージン (カーソル位置の上下に常に表示される行数) の設定は Mery を終了させた状態でメモ帳などを使用して Mery.ini の [General] セクションに以下のように追記します。

Mery.ini
[General]
ScrollMargin=200

ScrollMargin の初期値は 2 ですが、0 にするとスクロールマージンを無効に、200 のように画面に表示される行数よりも大きな値を指定するとカーソル位置が中央固定となります。

アウトラインプラグインのスクロールマージン対応

上記のカーソルを中央で固定する小技に関連しますが、そもそもスクロールマージンの設定は一時しのぎの隠し機能だったのでアウトラインプラグインはこの値を考慮する仕様になっていませんでした。

詳細には、アウトラインプラグインを修正したわけではなく、プラグインメソッド側の仕様の変更になりますが、「Editor_GetScrollPos」と「Editor_SetScrollPos」でスクロールマージンを計算に含めた値を返すようにしました。

その他

  • 折り返し文字数の最小値を 10 までいけるようにした
  • 画面上の行数が 5 行未満 (ウィンドウサイズが小さいとき) のスクロールの挙動を修正
  • [ウィンドウの右端で折り返し] 設定時でウィンドウサイズが小さい場合に表示される水平スクロールバーの動作を改善
  • [ウィンドウの右端で折り返し] 設定時でウィンドウサイズが小さい場合に表示される水平スクロールバーの動作を改善
  • [ウィンドウの右端で折り返し] 設定時にウィンドウサイズを変更すると水平スクロールバーがチラついていたのを修正
  • テーマを変更せずに [エクスポート] したときに正常にエクスポートされない問題を修正
  • エディタコンポーネントの描画速度を高速化
  • 編集モードのプロパティ画面の [強調文字列] と、マーカーの画面で項目を複数選択してスペースキーで色を一括変更できるようにした
  • その他、細かい修正

ダウンロード

Mery Ver 2.6.12 (32 ビット版) ZIP Mery Ver 2.6.12 (32 ビット版) インストーラ Mery Ver 2.6.12 (64 ビット版) ZIP Mery Ver 2.6.12 (64 ビット版) インストーラ
VirusTotal で誤検出されたり SmartScreen で保護されたりしますが、もちろんウイルスではありません。ご心配な方は正式版が Vector さんか窓の杜さんで公開されるまでお待ちください。

おわりに

今回は、なぜ Per-Monitor V2 だったかと言いますと、私が以前に ツイッターでつぶやいていたダークモードという機能に関連します。

ダークモードというのは macOS Mojave で搭載された、黒を基調とした UI デザインで、目に優しく集中力が高まるとのことで注目されている機能ですが、Windows 10 でも対応が始まっているようです。

しかし、Mac のダークモードは中二病な私も喜ぶオシャレ感がありますが、Windows 10 のダークモードは非常にダサくて「昔のパソコンですか?」という感想しか思いつきません。

はい、Windows 10 のダークモードのデザインに合わせると Mery はこんな感じです。

おわりに 1

そっと閉じたくなるダサさです。

しかも Windows 10 のダークモードって、UWP アプリは割と簡単に対応できる仕組みが用意されているのですが、Mery のようなデスクトップアプリ (Win32 アプリ) は自力で対応、つまりボタンやチェックボックス、スクロールバーなどを黒くした絵を自分で描いてコントロールの上にかぶせる、みたいなことをしないといけないという残念な現状です。

でも、そこまでは出来たんです。

おわりに 2

そしてふと気づいたのです。高 DPI に対応するためには、ボタンやチェックボックス、スクロールバーなどの絵を DPI ごとに用意しなければならないということに…。

黒いテーマの絵をボタンやチェックボックスなどのコントロールに 1 ピクセル単位で調整して割り当てていく作業に土日を完全に潰しましたが、これを DPI ごとに 100%、125%、150%、175%、200% ぐらいまで用意しなければならないとなると闇の炎に抱かれて毛根が消えます。

そんなことがありまして、高 DPI 関連の調査をしていたところで Windows 10 Creators Update から搭載された Per-Monitor V2 という機能を知ったわけですが、デスクトップアプリ向けの救済措置である Per-Monitor V2 を今頃になって出してくるマイクロソフトですから、デスクトップアプリのダークモード対応についても何らかの手段が用意されるのではないかという嫌な予感がします。

しかも、先日配信が始まった Windows 10 October 2018 Update [バージョン: 1809 ビルド: 17763.1] ではデスクトップアプリである「エクスプローラー (explorer.exe)」がダークモードに対応し、コモンダイアログやポップアップメニューなどもダークモードに対応しています。

おわりに 3

この通り、Windows 10 October 2018 Update でダークモードに設定すると、何もしなくても Mery の [ファイルを開く] ダイアログなどはダークモードになっています。

Windows 10 のダークモードがこんな中途半端な状況なので、先走って Mery に自前のダークモードを実装してしまうと後から痛い目に合いそうな気がします。

そういうわけで、ツイッターを見てくれて Mery のダークモード対応を楽しみにしてくれていたユーザさんがいらっしゃいましたら申し訳ないのですが、ダークモードの開発はひとまず中止します。

ダークモードの開発にかなり時間を使ってしまった挙句、こんな結末を迎えてしまったことで「Mery の開発なんてもうヤダー!」とモチベーションがどん底に落ちていましたので、このように地味な更新内容になってしまいましたがお許しくださいませ。くっそ、マイクロソフトォォォ…!

って、私のメンタルがダークモードォォォ!

こんな感じで、オチは大丈夫ですかね。

新登場  Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属
Amazon
4K 搭載、最大 60fps の臨場感あふれる映像。

スポンサーリンク

関連する記事

フォローする

スポンサーリンク

コメント (24)

  1. プラグインを含め更新作業お疲れさまでした。
    プログラミング自体は(好きな人にとっては)おもしろそうですが、SHA調べたりとか記事を書いたりとか付帯作業はかなり大変みたいですね。
    毎回、ありがとうございます。

    すごくたまにですがXPも使っていますが、対応が困難であるなら、もうXPへの対応は凍結しても良いのでは?と思います。
    現状のままでもテキストエディタとして十分な機能を備えていると思われますし、Windows 10 以降に対応の機能はどうせXPでは使えませんし。
    XPで、どのくらいの人が現状以上の機能を欲しているか分かりませんが。

    全くの別件ですが、
    文字列を選択しないで通常のコピーをした場合は、行の途中に貼り付けた場合の貼り付け位置が行コピーをした場合と異なるのですね。
    今まで気づきませんでした。

     |  774
  2. おはようございます。ベータバージョンの更新お疲れさまです。

    > 色分けの特定の項目でスタイルの透過を採用
    特別に設定をいじりなおすことなしに、「思ったとおりの配色・スタイルが重ねがけ」されるようになりました。
    文字スタイルを多重に活用してもスクロール速度に影響することもなく、意図に反して特定の装飾部分が「悪目立ち」することがなくなり、編集モードをいじりまわす楽しみが増えますね。
    このたびは我侭なリクエストを汲んでのアップデート、ありがとうございました。 :D

    > 編集モードのプロパティ画面の [強調文字列] と、マーカーの画面で項目を複数選択してスペースキーで色を一括変更できるようにした
    地味な部分ですが、これも便利ですね。複数選択からスペースキーで各アイテムの数字を「インクリメント」というのは楽しい仕様ですね。番号をクリックしても複数選択の状態がキャンセルされずに個別にインクリメントできるのもうれしいです。
    これって複数選択の状態で [1]~[8] キーで一括変更できたりとかするかな?とおもったけど… できませんでした。 :P
    また、オプション(チェックボックスの ON/OFF)の状態がことなる複数のアイテムでは「半チェック(維持)」になっていますが、誤ってチェックしてしまうと ON/OFF のトグルのみで半チェック状態には戻せないようで、たくさんのアイテムを選択しているときに誤爆したときはキャンセルするしかないというのはちょっと厳しいかもしれません。

    そういえば、「編集モードのプロパティ」や「ツールバーのカスタマイズ」ダイアログを閉じたときとちがって、メインの「オプション」パネルを「OK」で閉じたときだけエディタウインドウ内がキャレット位置までスクロールするんですね。

    ベータ 2.6.12 になって仕様変更されてしまったのでしょうか、「ツールバーのカスタマイズ」ダイアログ内に表示されるアイコンのサイズが 16px の小サイズに固定されているようですね、
    今はひととおりアイコンを作り終えて休業中ですからあまり問題ありませんが、新しくアイコンを作ったときなどは同ダイアログで各サイズの見映えの再確認をしていたので、個人的には以前のようにツールバーのアイコンサイズで表示されるほうが嬉しかったりします。…それとも、もしかしてオマ環? XP病?

    ベータ版とは別件ですが、某掲示板で wiki の「引用の追加」マクロの「1つ削除」についてバグが報告されていました。私も(改変して)愛用しているマクロなのに全然気付いてなかった部分でしたが、こちらでも再現されました。
    バグについては有志の方の回答で修正できるようですのでご確認ください(コピーライトの記述されたマクロですから勝手に書き換えるのは気が引けます)。
    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/software/1529836951/94-96
    私のばあい「1つ削除/すべて削除」のコードの部分はまだなんとなくしか意味が読みとれないので、Kuro さんが「マクロは得意じゃない」と言っているのをみるにつけて「USOハケーン!」と独りツッコミいれています。 :D

    774 さんの「行コピー」の貼り付け、はじめて知りました。Ctrl+C を「コピー(行コピー無効)」に割りあてているので想像もしなかった。:P
    確認したらサクラエディタも同じ挙動で、相互に行コピペしたばあいもほぼ同じみたいですね(貼り付け後のキャレットの位置がちがうみたい?)。

     |  sukemaru
  3. >> 774 さん
    コメントありがとうございます。

    昨夜は本当につらかったです ^^;
    SHA を調べるだけなら大変でもないのですが、ウイルスチェックサイトにファイルをアップロードしてチェック結果を掲載していく作業で心が折れそうになりました。(チェック結果はダウンロードボタン下の SHA256 を表示している部分のリンクから飛べるようになっています)

    > XPで、どのくらいの人が現状以上の機能を欲しているか分かりませんが。
    そうなんですよね。最近では Windows 10 の機能についていくためのバージョンアップが多いので、XP ユーザさんは古いバージョンの Mery 使ってねってことでも良いような気がしてきました。

    > 文字列を選択しないで通常のコピーをした場合は、行の途中に貼り付けた場合の貼り付け位置が行コピーをした場合と異なるのですね。
    はい、文字列を選択しない状態でのコピーは行コピーという特殊な動作になります。ちょっとマニアックですが、Linux の vi の yyp の動作みたいに使えることを想定しています。

    >> sukemaru さん
    コメントありがとうございます。

    > 色分けの特定の項目でスタイルの透過を採用
    今回は、ベータ版ということでデフォルトの動作を変更してしてみました。怒られたら廃止するかもしれませんが… ^^;

    > 番号をクリックしても複数選択の状態がキャンセルされずに個別にインクリメントできるのもうれしいです。
    スペースキーだと全部 +1 されるのと、マウスクリックだと個別に +1 されるのは、たまたま思いついたアイデアなのですが、自由度高くて私も気に入っています。

    > たくさんのアイテムを選択しているときに誤爆したときはキャンセルするしかないというのはちょっと厳しいかもしれません。
    一部の人の誤操作を考慮して便利な機能を潰してしまうよりは、多くの人が「まぁ、そうなるよね」と納得できる Windows の標準的な動作を採用したいと考えておりますのでご了承いただけると幸いです。

    > 「オプション」パネルを「OK」で閉じたときだけエディタウインドウ内がキャレット位置までスクロールするんですね。
    はい。エディタエンジンの仕様上、オプションの変更の際にスクロールが強制的にキャレット位置まで戻されます。私もずっと気にはなっていますが、私の技術が足りてないためどうがんばっても直せないんです。

    > …それとも、もしかしてオマ環? XP病?
    本バージョンから、すべてのダイアログを Per-Monitor DPI Awareness に対応しましたので、アイコンサイズも画面のスケーリングに合わせて拡大・縮小されるようになりました。残念ながら XP はこの機能に対応していません。

    > 「引用の追加」マクロ
    うわー、すみません。こんなマクロ作った記憶、全然ありません。動作環境が Mery ver 1.0.4 対応って、もう 10 年前ぐらいでしょうね。直せる自信ないですし、ツッコミが入ると怖いので消しておきます ^^;

     |  Kuro
  4.  Windows 10のダークモード!なるほど、こういうわけだったんですね。
     うーん、ダサい……ですか?私はまぁまぁアリかも?くらいです。確かに文字色の白が白すぎるかな、赤が赤すぎるかな、とは思います。
     Meryのテーマはデフォルトで付いていたZenburnespueをベースに背景を暗くしたりEOFなどの記号を青っぽく暗くしたりなど、自分用にカスタマイズして使用しています。(EOF等は見えてないと安心できないけど、主張はして欲しくないっていう……)
     そうしてテーマを決めてもメニューやスクロールバーは浮いてしまう、と思っていましたが、これで解決できるなら素晴らしい!と思いました。

     私のWindowsは7でした。ガガ、ガビーーーン!

     しかし、そういえばWindowsのテーマってあんまりいじったことがなかったので、この度挑戦しました。クラシックテーマを設定できることは知ってましたが現在の設定はAeroだったので、クラシックテーマの黒バージョンっぽいハイコントラストというテーマをベースに、なかなか満足の行くテーマが出来上がりました。
     同時にMeryのアウトライン「今ここ」表示も違和感がなくなりました。

     Windows7でもメニューなどの色を変えることが出来たよ!

     影響範囲が広くて怖いですが、Windowsの自作テーマを保存しておけばすぐに切り替えられますし、逆にブラウザやらアウトラインプロセッサやら、自分がよく使うソフトの外観を統一する良い機会かもしれません。

     という、報告でした。あ!ver 2.6.12はこれからインストールします←

     |  シリル
  5. ご返信、ありがとうございます。

    Windows 7 なので BIZ UDゴシックや Per-Monitor V2 の恩恵は受けられませんが、
    需要があるのかないのか分からない [次の変更行] 及び [前の変更行]、テーマのエクスポートの修正、強調文字列の色の一括変更を取り込んでいただき、ありがとうございます。

    でも、強調文字列の色の一括変更が、スペースキーを押してもチンと警告音が鳴って変更できません。
    使っている Mery.ini を削除すると上手くいき、戻すとやはりダメなので、Mery.ini のどこかが壊れているような気もしますが。
    ちなみに、以前、テーマ変更を確認していただくためにアップロードした Mery.ini はさすがに残してないですよね?^^;
    可能ならそのときの Mery.ini で確認してみたかったもので。

    話は変わり、ストアアプリがどんなものか分かりませんが、利用できると良いですね。

     |  774
  6. > はい、文字列を選択しない状態でのコピーは行コピーという特殊な動作になります。ちょっとマニアックですが、Linux の vi の yyp の動作みたいに使えることを想定しています。
    了解しました。
    ちょっと気になったのですが、
    ↑の「行コピー」とは、Mery の行コピー(オプションのキーボードタブで「行コピー」にキーを割り当てた機能)のことではなく、一般的な意味(yyp みたいな動作)で使われているということで良いでしょうか?
    Mery の行コピー→貼り付けは、通常のコピー→貼り付けのようにカーソル位置から貼り付けられますから。
    上手く表現できなくて、申し訳ありません。

     |  774
  7. >> シリル さん
    ご返信ありがとうございます。

    > うーん、ダサい……ですか?
    Mac のダークモードを見た後だと、すごくがっかりします ^^; でも、Windows って昔からオシャレさは無かったので、そんなに違和感はないですかね。

    > ハイコントラストというテーマ
    Windows では伝統的に搭載されているハイコントラストテーマですね。ハイコントラスト対応は自動でなるわけではなくて、Mery では内部でハイコントラスト用にちゃんとプログラムを書いてますのでご安心ください!^^

    > という、報告でした。あ!ver 2.6.12はこれからインストールします←
    ありがとうございます。
    本バージョンではハイコントラスト使用時にタブの閉じるボタン「×」が見やすくなってると思います。

    >> 774 さん
    ご返信ありがとうございます。

    > [次の変更行] 及び [前の変更行]、テーマのエクスポートの修正、強調文字列の色の一括変更
    これらのご意見をくださった方でしたか!これは失礼いたしました。その節は貴重なアイデアをありがとうございました。名無しさんって数名いらっしゃってどなたがどなたなのか分からなくて…。

    > スペースキーを押してもチンと警告音
    キーボード割り当てでスペースキーを何かに使われているとか、マクロが割り当てられているとかでしょうか?すみません、探してみたのですが以前に頂いた Mery.ini、見当たりませんでした…。

    > 話は変わり、ストアアプリがどんなものか分かりませんが、利用できると良いですね。
    Windows 7 だと使用できませんものね ^^; 私は一応 Windows 10 を使っていますがストアアプリは全然使ったことがないので何とも言えませんが、マイクロソフトの署名が付けられるらしいので毎回リリースするたびに「ウイルスがー」っていう問い合わせがなくなるので、開発側としては楽になるのではないかと思います。

    > 「行コピー」とは、Mery の行コピー(オプションのキーボードタブで「行コピー」にキーを割り当てた機能)のことではなく、一般的な意味(yyp みたいな動作)で使われているということで良いでしょうか?
    Mery の行コピーなんてあったっけ?と思って確認してみたら、ありました。キーボード割り当てできるほうの行コピーは単純に行をコピーするだけの機能ですね。

    選択範囲無しの時に発動する行コピーは一般的なものです。クリップボードに貼りつく形式として行コピー (MSDEVLineSelect) という規格がありまして、これに対応しているエディタであれば別のエディタに貼り付けても「行単位での貼り付け」として機能します。例えば、Mery で行コピーしてサク〇エディタに貼り付けることもできます。

     |  Kuro
  8. ご回答、ありがとうございます。

    > キーボード割り当てでスペースキーを何かに使われているとか、マクロが割り当てられているとかでしょうか?
    スペースキーは割り当てていないと思います。
    マクロはちょっと分かりません。
    マクロにキーを割り当てているかと言うことでしょうか?それならないと思います。

    > 探してみたのですが以前に頂いた Mery.ini、見当たりませんでした…。
    お手数をおかけしますが、お時間があるときのでもこれで試していただけるとありがたいです。
    https://www.axfc.net/u/3942235?key=dlmery
    再現しないようでしたら、折を見て設定をいろいろと試してみますので、この件はスルーしてくださいませ。

    ストアアプリについては、Twitter の書き込みにさらっと目を通した程度ですが、Windows 7 で使えないことと、ウィルスチェックに引っかからないように安価でできるかもということだけは理解しました。^^;

    行コピーについても、納得しました。
    キーボード割り当てできるほうの行コピーとは動作が異なったので、ちょっと混同しました。

    > 選択範囲無しの時に発動する行コピーは一般的なものです。クリップボードに貼りつく形式として行コピー (MSDEVLineSelect) という規格がありまして、これに対応しているエディタであれば別のエディタに貼り付けても「行単位での貼り付け」として機能します。例えば、Mery で行コピーしてサク〇エディタに貼り付けることもできます。
    そのような規格があるのですね。全く知りませんでした。

     |  774
  9. Kuro さん

    更新お疲れさまです😃
    今回は奇をてらった内容ではないながら、普段の使い勝手が良くなるアップデート満載ですね。

    またありがたく利用させていただきます!

     |  yuko
  10. デュアルディスプレイなので助かります。いつも更新ありがとうございます!!

     |  logroid
  11. バグを見つけてしまいましたので、見て見ぬ振りをしつつご報告します。

    強調文字列の編集時に半角スペースを入力すると、文字色の切り替わりが誤作動してしまうようです。

     |  yuko
  12. >> 774 さん
    ご返信ありがとうございます。

    Mery.ini、確認させていただきました。設定に問題はないと思います。
    もしかすると IME が日本語入力状態になっているという可能性?

    >> yuko さん
    コメントありがとうございます。

    > 今回は奇をてらった内容ではない
    毎回、真面目な更新のつもりなのですが…
    でも、次回はちょっと斜め上のヤツを企んでいます (ニヤリ

    > 強調文字列の編集時に半角スペースを入力すると、文字色の切り替わりが誤作動してしまうようです。
    ワーイ!こんな罠が仕掛けられていたなんて (*ノωノ)
    ご報告ありがとうございます。次のバージョンでは修正しておきます。

    >> logroid さん
    コメントありがとうございます。

    おぉ!Windows 10 で 4K モニタを所有されているのであればぜひベータ検証にご協力を…。私のディスプレイは最大でもスケーリングを 175% までしか設定できないので、200% ~ 250% ぐらいがどのように動くのか検証できていません ^^;

     |  Kuro
  13. ご回答、ありがとうございます。

    > もしかすると IME が日本語入力状態になっているという可能性?
    まさにこれでした。
    日本語入力を OFF にしたら問題なく色の一括変更ができました。

     |  774
  14. >> Kuro さん
    ご回答ありがとうございます、概ね諒解しました。エディタエンジンの仕様の制約には思い至らず、失礼いたしました。
    (複数アイテムでチェックボックスの半チェック機能についてはエクスプローラのファイル/フォルダのプロパティパネルにありますので、Windows の標準的な動作とみてもよいのではないかとおもいますが… )
    XPで最新の追加機能にあやかれないのは承知しておりますが、今後サポート対象外になるとしても、なるべくなら細部の使い勝手の向上をえられるよう最新版を使いたいと願っています。 :)

     |  sukemaru
  15. 開発お疲れ様です。
    >色分けの特定の項目でスタイルの透過を採用
    こういう地味な対応、好きです。(笑)
    ダークモードかぁ、あんまり興味はないけど、いっそのこと、8ビットパソコン時代のグリーンモニタのきれいな再現と化してもらったら楽しいかも。カラーじゃなくて、あくまでもモノクロのグリーンで濃淡のみでの表現って、面白いかも!?年がばれますけど(笑)

    ではまた。

     |  kapi
  16. >> 774 さん
    ご返信ありがとうございます。

    一括変更、動作したようで安心しました。
    強調文字列に日本語も登録できるという仕組み上、あの画面で IME を強制 OFF にすることもできませんから、ちょっと対策は思いつきませんが…。

    強調文字列の編集中だけ IME の有効化ができれば理想的なのですが、そもそも開発環境 (Delphi) にそんな機能がなかったので、改善策を練るにはちょっと時間がかかりそうです。

    >> sukemaru さん
    ご返信ありがとうございます。

    > エディタエンジンの仕様の制約
    いいえー。私も常々気になっている問題ですからお気になさらず。無理やりスクロール位置を復元させようとしても全然効かないんですよ。Delphi に詳しい人がいたらほんと、ご協力願いたい部分です。

    > エクスプローラのファイル/フォルダのプロパティパネル
    その画面は「OK」ボタンを押してからの半チェック状態の適用となる GUI ですから半チェック状態の保持が可能ですね。

    Mery の強調文字列登録画面は、チェックボックスの状態をリアルタイムで画面上の項目に反映させるという仕様上、半チェック状態の保持は厳しそうです、すみません。

    > XPで最新の追加機能にあやかれないのは承知しておりますが、今後サポート対象外になるとしても、なるべくなら細部の使い勝手の向上をえられるよう最新版を使いたいと願っています。
    私もなるべくは XP のサポートを続けて行きたいのですが、XP をサポートするために古い Delphi を使い続けなければならないことや、XP 対応のために搭載できなくなった機能などもございまして… ^^;

     |  Kuro
  17. >> kapi さん
    コメントありがとうございます。

    > こういう地味な対応、好きです。(笑)
    これはユーザさんにご要望を頂いた仕様ですね。みなさん、ほんとに細かいところに気が付かれてすごいなーって思います。たぶん、Mery ユーザの中で一番 Mery を使っていないのは私でしょう… ^^;

    > 8ビットパソコン時代のグリーンモニタのきれいな再現
    私もそういうネタは好きです (w
    さすがに GUI も含めて画面全体というわけにはいきませんが、グリーンモニターをデザインした Mery のテーマはありますよー。

    https://www.haijin-boys.com/software/mery/mery-theme#48
    ↑ グリーンの濃淡で色分けした Mery のテーマファイルです ^^

     |  Kuro
  18. >> Kuro さん
    ご返信ありがとうございます。
    標準的なハード環境や Windows10 が旧OS時代とは別物のように進化している昨今ですので、さすがに「XPをサポートして」とは言いません。 :)
    願わくは、エラーを出さずに使える機能だけはそのままに従来からの機能の改良部分ぐらいだけでもあやかり続けることができればと思いますが、開発の足を引っぱるようなら「足切り」されるもやむなしと覚悟はしています。いずれはPCを新調して、また Mery の最新機能の恩恵に浴することもできることでしょうし。 :D
    私としましても、ほかの皆さんと同様に Mery にはとんがった路線で進化し続けてほしいと願っています(もちろん、地味~な部分での使いやすさが大好きなんですが)。 :)

     |  sukemaru
  19. ご返信、ありがとうございます。
    色の一括変更について、めったに変更する設定ではないので、日本語入力 ON 時の対策は不要だと思います。
    ここの記事をきちんと読んだ人とか yuko さんが指摘された不具合で偶然知った人とかくらいしか、この機能の存在を知りえないでしょうし。

     |  774
  20. もうUWPアプリ化してみては?

     |  karasu
  21. >> sukemaru さん
    コメントありがとうございます。

    恐らく XP サポートをやめたら、動作検証が不十分なソフトを提供するわけにはいきませんから、他のソフトと同様、インストーラーの時点ではじくようになると思います。

    でも会社とかですと、いまだに XP の 1 台や 2 台、転がってますもんね…。

    フォーラムに XP サポートについてのスレッドを立てていただいたので、XP ユーザさんのご意見もご投稿いただけると参考になります。もちろん、サポートしてよ!という話になっても OK です ^^;

    >> 774 さん
    コメントありがとうございます。

    > 日本語入力 ON 時の対策は不要だと思います。
    良かったです。なかなか対策が思いつかなくて困っていたところです。確かに、そもそも一括変更できることを知ってる人は少ないですし、聞かれたら教えてあげればいいかなーぐらいで良いかもしれないですね。

    >> karasu さん
    コメントありがとうございます。

    そうなんですよね。ストアアプリにするにはデジタル署名が必要で費用的に厳しいと思っていたのですが、先日、デジタル署名は必要ないという情報をいただき、ストア登録料のみでいけるらしいので、ストアアプリ化 (2000 円ぐらい?) も検討しています。

     |  Kuro
  22. >> kuroさん
    > ↑ グリーンの濃淡で色分けした Mery のテーマファイルです ^^
    おー、すてき(笑) ちょっと気に入りました。実用的ではない思うし、カラーモニターの緑色って意外と目にやさしくないんですよねぇ。なんとなく疲れる。でも、ちょっとだけ使ってみます。ありがとうございました。

     |  kapi
  23. お世話になっております。
    ScrollMarginの少ない需要に対応していただいてとても嬉しいです。
    ダークテーマは個人的に好きで、Mery含め黒背景に設定できるアプリケーションはすべて黒にしているのですが、Alt+Tabで切り替える時の視認性が低いような…
    MeryはAutohotkeyですぐ起動/アクティブ化して使っています。

     |  jacklegdoc
  24. >> kapi さん
    グリーンテーマ、お試しいただきありがとうございます。

    確かに液晶ディスプレイでわざわざ緑色の文字を使う理由はありませんね。ウケねらいのネタとして、職場の PC にちょっと仕込んでおいたり…ぐらいしか使い道は思いつきません (w

    >> jacklegdoc さん
    コメントありがとうございます。

    ScrollMargin による中央固定は、まだ実用的とは言えませんが ON・OFF の切り替えを簡単にできれば使いやすくなるかなーと思っています。

    > Alt+Tabで切り替える時
    確かにその画面では背景が黒ですものね。全部同じアプリに見えてしまいそう…。

    Autohotkey ってなんだっけ…と思ってググってみたら、jacklegdoc さんが Mery の構文ファイルを作成されていたのですね。ほほー、結構面白そうなソフトですね、私も試してみます。

     |  Kuro

コメントを残す