Mery Macro JS

提供: MeryWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Mery の JavaScript マクロを強調表示だらけにする構文ファイルです。
Web 開発での使用を考慮していません。

マクロリファレンスにある Mery のキーワードと JavaScript +ファイル操作関係の WSH のキーワードを強調表示できるので、マクロのスペルチェックにも使用できます( ← スペルミスすると強調表示にならない)。

  • とりあえずキーワードを収集しただけで、有意な色分けはしてありません。
  • 編集モードの設定で拡張子「JS」に関連付けする場合は、グループ(色)分けを精査した上でご利用ください(マクロで編集モードを割りあてる前提にしています)。

ソースコード[編集]


長いので外部サイトにしてあります。


ダウンロード[編集]


ダウンロード: 「ファイル:Mery Macro JS.zip」 (第2版: 2018/11/10 sukemaru)


こちらの MSY ファイルは、sukemaru が適当に色分けしたサンプル版です。
カンマとドット(ピリオド)、セミコロンとコロンなどの誤用を見分けやすくなるように色分けしてあります。
また、「 Mery_Macro_JS.msy 」から Mery 固有のキーワードをコメントアウトした「 JavaScript.msy 」を同梱してあります。


こちらの MSY ファイルを使用する場合は、オブジェクト/プロパティ/メソッド/関数などについてまったく色分けしていないので、"^#注釈部分" やマクロライブラリ、GitHub、Pastebin などを参考に適宜色分け・カスタマイズしてください。


※ Mery が最新のベータ版であれば、「編集モードのプロパティ」内で Ctrl+クリックや Shift+クリックで複数項目を選択状態にしてスペースキーを叩くことで、色番号を一括変更できます。
※ エディタの動作が重くなる場合は、頻出するメタ文字、カッコ、ドット(ピリオド)、セミコロンなどを任意で無効化(正規表現 OFF、RegEx=False )してください。
※ MSY ファイルを Mery で開くと簡易的な注釈を読むことができます。
※ 編集モードのインポート後に再エクスポート(上書き保存)すると、MSY ファイル内の各項目は ascii 昇順に並べ替えられ、注釈部分は消去されます。


  • Ext フォルダ
入力補完(Ctrl+スペース)用の「 js.txt 」です。 [ RAW ]
Mery の更新インストールで上書きされてしまうので、同一内容のバックアップ用ファイル「 js[backup].txt 」も同梱してあります。


  • Dicts フォルダ
スペルチェック用の辞書ファイル「 js_JS.dic 」と「 js_JS.aff 」を同梱してあります。
※ MSY 構文ファイルに収録されていない変数や関数などが悉くエラー表示されるだけなので、実際に使うとジャマなだけかも。


  • Macros フォルダ
任意で「編集モードの自動選択」マクロを「ファイルを開いたとき」用のイベントマクロに設定してください。
※ MSY 構文ファイルを編集モード名「 Mery_Macro_JS 」としてインポートする想定のものですので、別名でインポートする場合は "Mode = Mery_Macro_JS" の部分を書きかえてください。
#title = "編集モードの自動選択"
with ( document ) {
  if ( FullName.match( /\\Mery\\Macros\\.+\.js$/i ) ) {
    Mode = "Mery_Macro_JS";
    Quit();
  }
}
ref. 「編集モードの自動選択」マクロ


メモ[編集]

  • 2018/11/05 (sukemaru)
仮バージョン
  • 2018/11/07 (sukemaru)
公開バージョン
・色分けなし/色分け済みの MSY ファイルと Ext/Dicts 辞書用ファイル、編集モードの自動選択マクロ付き
  • 2018/11/10 (sukemaru)
第2版
・定数(引数)"meCopyQuotes" を補遺
・定義されていないキーワード "PopupMenu" を削除
・JavaScript のキーワードをすこし追加
・色分け済みの MSY ファイルから Mery のキーワードを抜いた「JavaScript.msy」を追加
スポンサーリンク