罫線変換

提供: MeryWiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

罫線を太い罫線や二重線の罫線に変換します
しかしながら、一部のフォントでしかまともに表示できない残念マクロです
充分、ご注意ください

ファイル:罫線変換.zip

機能[編集]

罫線で書かれた表を選択しマクロを実行すると以下のメニューが現れます

罫線変換メニュー.png

メニューから変換内容を選ぶと選択範囲の罫線が変換されます

罫線変換1.png

左から【細くする】、【太くする】、【二重線にする】です
(Ricty Diminished 12ptで撮影)

罫線変換2.png

左から【縦だけ太くする】、【横だけ太くする】、【縦だけ二重線にする】、【横だけ二重線にする】です
(Ricty Diminished 12ptで撮影)


注意点[編集]

罫線を引くこと自体は当マクロで行えません、『ラクラク罫線』などをご利用ください

罫線変換3.png

左図のように当マクロを使用しますとMSゴシック、MS明朝、メイリオ、MeiryoKeなど多くのフォントで表の体裁が崩れてしまいます
(MSゴシック 12ptで撮影)
私がよく使うフォントでまともに表示できたのは、Ricty Diminished、MyricaM、Migu 1M の3つだけでした
右図のように細い罫線であれば表として見ることができるフォントは多いようですので、もしも表の体裁が崩れているテキストデータに出会った時に当マクロの【細くする】を使用すれば整形できる場合もあるかもしれません
しかし、使用されている人が多いであろうと思われる有名なフォントの多くで表の体裁が崩れてしまうというのは、本当に致命的で、当マクロの存在価値は殆ど無いかもしれません、申し訳ありませんが予めご了承ください

更新履歴[編集]

・2019/04/12 Quitを無くす修正
・2019/03/09 初版

スポンサーリンク