文書の先頭か末尾

提供: MeryWiki
移動先: 案内検索

文書の先頭か末尾に移動[編集]

ショートカットキーやツールバーアイコンを削減するために、自分がよく使う機能をひとまとめにしてみました
(i.e. ショートカットの割りあては「Ctrl+End」キーひとつで済み、ツールバーアイコンやマウスボタンへの割りあてもこれひとつで)。

  • トグル移動のパターンは 2in1 モードと 4in1 モードを選択可


ソースコード[編集]

#title = "文頭か文末"
#tooltip = "文書の先頭か末尾にカーソルを移動する"
// #icon = "Mery用 マテリアルデザインっぽいアイコン.icl",278

/**
 * つぎのとおりにカーソルの位置を移動します(実行するごとにトグル移動)
 * 
 * 2in1モードの場合: ① ⇔ ② のトグル移動
 *   ① 文書の先頭
 *   ② 文書の末尾
 * 
 * 4in1モードの場合: ① → ② → ③ → ④ → ① ... のトグル移動
 *   ① 文書の先頭
 *   ② 文書先頭の空白文字・空白行のうしろの位置(空白文字以外の "文字列" の開始位置)
 *   ③ 文書末尾の空白文字・空白行のまえの位置(空白文字以外の "文字列" の終了位置)
 *   ④ 文書の末尾
 *   ※ 文頭空白・文末空白のないドキュメントでは ②・③ をスキップする
 */

// ■トグルパターン設定: 2in1モード or 4in1モード
var toggleMode2 = true;
	// true のとき	2in1トグルモード(文書先頭⇔文書末尾)
	// false のとき	4in1トグルモード(文書先頭→文字列開始位置→文字列終了位置→文書末尾)

var d = document, s = document.selection;
Redraw = false;

// 2in1 トグルモード
if ( toggleMode2 ) {
  if ( s.GetActivePos() != 0 ) {
    // ①文頭に移動
    s.StartOfDocument();
  }
  else {
    // ②文末に移動
    s.EndOfDocument();
  }
}

// 4in1 トグルモード
else {
  var pos = s.GetActivePos();
  var st = d.Text;
  var sId = st.search( /[^ \s]/ );
  var eId = st.search( /[ \s]*$/ );
  
  if ( pos == 0 && sId > 0 ) {
    // ②文字列開始位置に移動
    s.SetActivePos( sId );
  }
  else if ( pos != eId && ( pos == 0 || pos == sId ) ) {
    // ③文字列終了位置に移動
    s.SetActivePos( eId );
  }
  else if ( pos != st.length && ( pos == 0 || pos == eId || pos == sId ) ) {
    // ④文末に移動
    s.EndOfDocument();
  }
  else {
    // ①文頭に移動
    s.StartOfDocument();
  }
}
Redraw = true;

文書の先頭か末尾 または 選択範囲の始点か終点[編集]

行頭か行末 または 選択範囲の始点か終点」マクロと同じように、「文書の先頭か末尾に移動」マクロと キーアサイン集 の「選択範囲の始点終点を交替」マクロのコードと統合したものです。


ソースコード[編集]

#title = "文頭か文末 または 選択範囲の始点か終点"
#tooltip = "文書のの先頭か末尾 または 選択範囲の始点か終点 にカーソルを移動する"
// #icon = "Mery用 マテリアルデザインっぽいアイコン.icl",232

/**
 * つぎのとおりにカーソルの位置を移動します(実行するごとにトグル移動)
 * 
 * 選択範囲がある場合
 *
 *   選択範囲の開始位置と終了位置を入れ替え
 *   ※ 開始位置:キャレットのない側
 *   ※ 終了位置:キャレットのある側
 *
 *
 * 選択範囲がない場合
 * 
 * 2in1モードの場合: ① ⇔ ② のトグル移動
 *   ① 文書の先頭
 *   ② 文書の末尾
 * 
 * 4in1モードの場合: ① → ② → ③ → ④ → ① ... のトグル移動
 *   ① 文書の先頭
 *   ② 文書先頭の空白文字・空白行のうしろの位置(空白文字以外の"文字列"の開始位置)
 *   ③ 文書末尾の空白文字・空白行のまえの位置(空白文字以外の"文字列"の終了位置)
 *   ④ 文書の末尾
 *   ※ 文頭空白・文末空白のないドキュメントでは ②・③ をスキップする
 */


// ■トグルパターン設定: 2in1モード or 4in1モード
var toggleMode2 = false;
	// true のとき	2in1トグルモード(文書先頭 ⇔ 文書末尾)
	// false のとき	4in1トグルモード(文書先頭→文字列開始位置→文字列終了位置→文書末尾)

var d = document, s = document.selection;
Redraw = false;

if ( s.Text ) {
  // 「選択範囲の始点終点を交替」マクロ
  var act = s.GetActivePos();
  var anc = s.GetAnchorPos();
  var tp = ( anc < act ) ? anc : act;	// 選択範囲の先頭位置
  var bp = ( anc < act ) ? act : anc;	// 選択範囲の末尾位置

  s.SetActivePos( act );
  s.SetActivePos( anc, true );
}

// 2in1 トグルモード
else if ( toggleMode2 ) {
  // 「文頭か文末」マクロ
  if ( s.GetActivePos() != 0 ) {
    // ①文頭に移動
    s.StartOfDocument();
  }
  else {
    // ②文末に移動
    s.EndOfDocument();
  }
}

// 4in1 トグルモード
else {
  var pos = s.GetActivePos();
  var st = d.Text;
  var sId = st.search( /[^ \s]/ );
  var eId = st.search( /[ \s]*$/ );
  
  if ( pos == 0 && sId > 0 ) {
    // ②文字列開始位置に移動
    s.SetActivePos( sId );
  }
  else if ( pos != eId && ( pos == 0 || pos == sId ) ) {
    // ③文字列終了位置に移動
    s.SetActivePos( eId );
  }
  else if ( pos != st.length && ( pos == 0 || pos == eId || pos == sId ) ) {
    // ④文末に移動
    s.EndOfDocument();
  }
  else {
    // ①文頭に移動
    s.StartOfDocument();
  }
}
Redraw = true;

メモ[編集]

  • 2019/03/29 (sukemaru)
4in1 トグルモードが "空白行だけの文書" で正しく機能しなかったのを修正
「選択範囲の始点終点を交替」マクロとの統合版を追加
(個人的に「行頭か行末に移動」マクロを使う機会がすくないので「文書の先頭か末尾に移動」マクロで統合版を作りなおしました。自分用のコードでは GetKeyState を利用しての "選択範囲の前後を1文字ずつ拡張/縮小」機能も追加していたり)
スポンサーリンク