カレントフォルダのファイル

  1. おひさ
    Version 1.0.8.2184 (ベータ版) で、以下を実行
    D:\program\Mery\My Macros>d:\program\mery\mery.exe a.txt
    Mery は、D:\program\Mery\a.txt を開こうとします。

    1.0.7.2018 までは
    D:\program\Mery\My Macros\a.txt
    を開いていました。

     |  kinzoku  |  返信
  2. すみません、勘違いでした。m(__)m

     |  kinzoku  |  返信
  3. ●常駐前に以下を実行すると
    D:\program\Mery\My Macros>..\mery.exe a.txt
    Mery は、D:\program\Mery\My Macros\a.txt を開きます。

    ●常駐後に以下を実行すると
    D:\program\Mery\My Macros>..\mery.exe a.txt
    Mery は、D:\program\Mery\a.txt を開きます。

    Vista sp2

     |  kinzoku  |  返信
  4. だいぶお久しぶりです!お元気そうでなによりです。

    > ●常駐前に以下を実行すると
    > D:\program\Mery\My Macros>..\mery.exe a.txt
    > Mery は、D:\program\Mery\My Macros\a.txt を開きます。

    これはWindowsの標準的な振る舞いですね。

    > ●常駐後に以下を実行すると
    > D:\program\Mery\My Macros>..\mery.exe a.txt
    > Mery は、D:\program\Mery\a.txt を開きます。

    Mery起動後は、カレントディレクトリは本体のパスに変更されるためだと思います。
    内部では、システムのカレントディレクトリは本体パス固定、Meryの「ファイルを開く」などの機能では
    内部的に覚えてるディレクトリパスをもとにファイルを開いたりするようにしています。

    システムのカレントディレクトリを別のディレクトリにしてしまうと、Meryを終了かカレントディレクトリが変更
    されるまで、そのディレクトリがつかまれた状態になってしまって削除できなかったための苦肉の策です・・・。

    何か良い対策があればいいのですが・・・。

     |  Kuro  |  返信