Per-Monitor DPI対応に不十分な点があります

  1. x64 v.3.1.0 にて、いくつかのダイアログボックスで Per-Monitor DPI 対応が不十分なところがあるようです。

    ・「オプション」ダイアログで、「DirectWrite」"以外"をアクティブにしてDPI設定の異なるモニタに移動させ、「DirectWrite」をアクティブにすると、「フォールバックフォント」リストビューの位置とサイズがおかしい。

    ・「オプション」ダイアログで、「表示」"以外"をアクティブにし、DPI設定の異なるモニタに移動させてから元のモニタに戻すと、「表示」の「表示項目」リストビューのサイズがおかしい。

    ・「編集モードの設定」→「○○のプロパティ」ダイアログで、「構文」をアクティブにし、DPI設定の異なるモニタに移動させてから元のモニタに戻すと、「強調」の「強調文字列」、「関連付け」の「関連付けられた拡張子」リストビューのサイズがおかしい。

    ・「マーカーの設定」ダイアログで、「オプション」をアクティブにし、DPI設定の異なるモニタに移動させてから元のモニタに戻すと、「マーカー」の「マーカー」リストビューのサイズがおかしい。

     |  o  |  返信
  2. ご報告ありがとうございます。

    いただいた条件で現象を再現することができました。

    Ver 3.1.0 以前でも発生するようなので今回の修正内容とは関係なさそうですが、リストビューのバグっぽいですね。

    対策を調査してみたいと思います。

     |  Kuro  |  返信
スポンサーリンク