[要望] 開くダイアログの拡張子フィルタの挙動について

  1. いつもお世話になっております。

    Mery 1.0 では、“開く”を選択したときのダイアログで、“全てのファイル(*.*)” を表示するようになっていましたが、Mery 2.0 では、“Text(*.txt)” のみの表示になっています。この仕様ですと、拡張子フィルタを切り替えるのに、一手間かかってしまいますので、デフォルトの拡張子フィルタを選択できる設定を追加していただけないでしょうか。

    さらに欲を言えば、ユーザ独自の拡張子フィルタを設定できる機能があると助かります(TeraPad にはあります)。GUI ではなくて、Mery.ini を直接編集する形でもかまいません(現状でも無理矢理書き替えてしまえばできるようですが)。

    また、一例ですが、HTML ファイルを編集中に “開く” を実行した場合、自動的に “HTML(*.html)” のフィルタが適用される挙動になっています。この仕様では、例えば、.html を編集中に .css や .js を開きたいときには、拡張子フィルタを切り替えなければならず、やや不便であるように思います。これも、現在編集のファイルに関係なく、デフォルトの拡張子フィルタに固定する設定があると助かります。

    要望ばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

     |  seino  |  返信
  2. Mery をご愛用いただきありがとうございます。

    なるほどですね、私はもっぱらドラッグドロップでファイルを開いていたため、「開く」ダイアログの細かい仕様についてはまったく思いつきませんでした。

    おっしゃるとおりそういった機能があると便利ですね。

    ユーザ定義のカスタムフィルタは一つの機能としてあるととても便利だと思いましたので、実装してみます。もちろんカスタムフィルタを選択して開いた場合は次回にファイルを開くときもカスタムフィルタが選択されている状態を維持するような感じ。

    デフォルトの拡張子フィルタを設定するオプションとなるとややこしくなりそうなので、前回使用したフィルタ (編集モードごとのフィルタ、カスタムフィルタ、すべてのファイル、の 3 パターン) を記憶するような機能を実装してみようと思います。

    貴重なご意見をありがとうございました。

     |  Kuro  |  返信
  3. ご採用いただきありがとうございます。

    実は、私もドラッグ&ドロップでファイルを開く派です。

    私はプログラミングを教えることを生業としています。初心者の操作を見ていると、“開く”を選択する人が圧倒的です。初心者もターゲットに入れたエディタを設計する場合、この機能は無視できません。

    ドラッグ&ドロップを説明して、こちらの方が便利と言っても、“開く”を使い続ける人が大多数です。半年くらいして、色々と痛い目に遭うと、ようやくドラッグ&ドロップを使うようになる、という感じです。

    よろしくお願いいたします。

     |  seino  |  返信
  4. 書き込みありがとうございます。

    > 私はプログラミングを教えることを生業としています。初心者の操作を見ていると、“開く”を選択する人が圧倒的です。初心者もターゲットに入れたエディタを設計する場合、この機能は無視できません。

    おぉ、大変なお仕事ですね。私もパソコンの講師などをしたことがありますが、確かに初心者の方は予想を上回る操作をしてることがあります。昔どっかで見た記事で、USBメモリの取り外し方法についてというのが面白くて、初心者:いきなりバンと抜く。中級者:ハードウェアの安全な取り外しを選択してから抜く。上級者:いきなりバンと抜く。ってのがありましたw

    > ドラッグ&ドロップを説明して、こちらの方が便利と言っても、“開く”を使い続ける人が大多数です。半年くらいして、色々と痛い目に遭うと、ようやくドラッグ&ドロップを使うようになる、という感じです。

    なるほどですね、了解いたしました。しかし、プログラミング講座で Mery を使用されているわけではないですよね?w さすがにそんな恐れ多いことは私の精神が耐えられません。。。

    一応、機能の搭載は完了したので近いうちに修正版が公開できると思います。

     |  Kuro  |  返信
スポンサーリンク