説明を出力/定義ファイル

提供: MeryWiki
移動先: 案内検索

戻る

定義ファイル

ここのファイルのライセンスは一応CC-BY-SA 2.5です

Javascriptのオブジェクトの説明

Javascriptのオブジェクトの説明です。
Mozillaのところの丸々コピペです。

[
  {
    "text": "Array",
    "description": "JavaScript は配列を扱うことができます。配列とは順序を持つ複数のデータの集合であり、JavaScript のグローバルオブジェクトである Array は、高位の、(C言語等で云うところの)「リスト」の様な、配列のコンストラクタです。"
  },
  {
    "text": "ArrayBuffer",
    "description": "ArrayBuffer は、一般的な固定長のバイナリデータのバッファを示すために使われるデータタイプです。ArrayBuffer の内容物を直接操作することはできません。代わりにバッファを特定の形式で表現し、またバッファの内容物を読み書きするために使用される ArrayBufferView オブジェクトを作成します。"
  },
  {
    "text": "Boolean",
    "description": "Boolean オブジェクトは真偽値のオブジェクト・ラッパです。"
  },
  {
    "text": "DataView",
    "description": "ArrayBuffer は任意のデータのかたまりを表すのに有用なオブジェクトです。多くの場合、そのようなデータはディスク装置やネットワークから読み込まれ、また前に説明した Typed Array Views によって示される配置の制約に従っていません。加えてそのデータは大抵、実際のところ異種のデータで構成され、またバイト順が定義済みの状態にあります\nDataView ビューは ArrayBuffer に対して、上記のようなデータを低レベルで読み出したり書き込んだりするためのインタフェースを提供します。"
  },
  {
    "text": "Date",
    "description": "日付や時刻を扱うことが可能な、JavaScript の Date インスタンスを生成します。"
  },
  {
    "text": "Error",
    "description": "Errorコンストラクタはエラーオブジェクトを生成します。Errorオブジェクトのインスタンスは実行時エラーが発生すると投げられます。Errorオブジェクトはユーザー定義例外の基底オブジェクトとして使うこともできます。標準の組み込みエラー型については下記を参照してください。"
  },
  {
    "text": "Float32Array",
    "description": "Float32Array タイプは、32 ビット浮動小数点数 (C 言語の float データタイプに相当します) の配列を表します。\nこれが設定されると、オブジェクトのメソッドあるいは配列の添字構文 (括弧を用いる表記) を用いて、配列の要素を参照することが可能になります。"
  },
  {
    "text": "Float64Array",
    "description": "Float64Array タイプは、64 ビット浮動小数点数 (C 言語の double データタイプに相当します) の配列を表します。\nこれが設定されると、オブジェクトのメソッドあるいは配列の添字構文 (括弧を用いる表記) を用いて、配列の要素を参照することが可能になります。"
  },
  {
    "text": "Function",
    "description": "JavaScript における関数の全ては、実際には Function オブジェクトです。"
  },
  {
    "text": "Generator",
    "description": "generator functionによってGenerator オブジェクトが返され、イテレータ と 反復プロトコルの両方に従います。"
  },
  {
    "text": "GeneratorFunction",
    "description": "GeneratorFunction コンストラクタ は新しいgenerator function オブジェクトを生成します。 JavaScriptでは、あらゆるジェネレータファンクションは実際にGeneratorFunction オブジェクトです。\nGeneratorFunctionグローバルオブジェクトではないことに注意して下さい。次のコードを評価することによって得られます。"
  },
  {
    "text": "Infinity",
    "description": "グローバルプロパティ Infinity は無限大を表す数値です。"
  },
  {
    "text": "Int16Array",
    "description": "Int16Array タイプは、2 の補数形式の 16 ビット符号付き整数値の配列を表します。\nこれが設定されると、オブジェクトのメソッドあるいは配列の添字構文 (括弧を用いる表記) を用いて、配列の要素を参照することが可能になります。"
  },
  {
    "text": "Int32Array",
    "description": "Int32Array タイプは、2 の補数形式の 32 ビット符号付き整数値の配列を表します。\nこれが設定されると、オブジェクトのメソッドあるいは配列の添字構文 (括弧を用いる表記) を用いて、配列の要素を参照することが可能になります。"
  },
  {
    "text": "Int8Array",
    "description": "Int8Array タイプは、2 の補数形式の 8 ビット符号付き整数値の配列を表します。\nこれが設定されると、オブジェクトのメソッドあるいは配列の添字構文 (括弧を用いる表記) を用いて、配列の要素を参照することが可能になります。"
  },
  {
    "text": "InternalError",
    "description": "JavaScriptエンジン内部で起こったエラーを示します。例えば、: \"InternalError: too much recursion\""
  },
  {
    "text": "Intl",
    "description": "Intl オブジェクトは、ECMAScriptの国際化APIの名前空間です。それは、言語に依存した文字列の比較、数値フォーマット、日付フォーマットを提供します。Collator、NumberFormat、DateTimeFormatオブジェクトに対するコンストラクタは、Intlオブジェクトのプロパティです。このページでは、国際コンストラクタと他の言語に依存する機能に共通の機能と同様に、これらのプロパティを文書化しています。"
  },
  {
    "text": "Intl.Collator",
    "description": "Intl.Collatorオブジェクトは言語に依存した文字列の比較を可能にするオブジェクトであるcollatorsに対するコンストラクタです。"
  },
  {
    "text": "Intl.DateTimeFormat",
    "description": "言語に敏感な日付と時刻のフォーマットを有効にするオブジェクトのコンストラクタです。"
  },
  {
    "text": "Intl.NumberFormat",
    "description": "言語に敏感な数値フォーマットを有効にするオブジェクトのコンストラクタです。"
  },
  {
    "text": "Iterator",
    "description": "レガシーイテレータプロトコルを実装し、オブジェクトの列挙可能なプロパティに対して反復するオブジェクトを返します。"
  },
  {
    "text": "JSON",
    "description": "JSON オブジェクトは、値を JavaScript Object Notation (JSON) へ、および JSON を値に変換するメソッドを持ちます。"
  },
  {
    "text": "Map",
    "description": "Map オブジェクトは単純なキー/値写像(マップ)です。キーあるいは値として任意の値(オブジェクト、プリミティブ値とも)を使うことができます。"
  },
  {
    "text": "Math",
    "description": "数学的な定数と関数を提供するプロパティとメソッドを持つ、組み込みのオブジェクトです。"
  },
  {
    "text": "NaN",
    "description": "グローバルプロパティ NaN は非数 (Not-A-Number) を表す値です。"
  },
  {
    "text": "Number",
    "description": "数値として扱うことができるラッパーオブジェクトを生成します。"
  },
  {
    "text": "Object",
    "description": "オブジェクトラッパーを生成します。"
  },
  {
    "text": "ParallelArray",
    "description": "ParallelArrayの目標は、ウェブアプリケーション上でデータ並列性を実現することです。ParallelArray上で利用可能な高階関数は並列的に実行されます(ただし、並列的に実行できない場合は必要に応じて直列実行にフォールバックします)。並列実行性を保証したい場合には、Javascriptの機能のうち、Firefoxがサポートする並列可能なサブセットのみを利用するようにすることが推奨されています。"
  },
  {
    "text": "Promise",
    "description": "Promiseオブジェクトは処理の延期(deferred)と非同期処理のために使われます。Promiseはまだ完了していないが、いずれ完了する処理を表します。"
  },
  {
    "text": "Proxy",
    "description": "プロキシとは、開発者自身が JavaScript で動作を定義するオブジェクトです。オブジェクトの既定動作は JavaScript エンジンに実装されており、たいていは C++ などの低レベル言語で記述されています。プロキシは、オブジェクトの挙動のほとんどを JavaScript で定義できるようにします。これは メタプログラミング API を提供するものと言われています。"
  },
  {
    "text": "RangeError",
    "description": "値が配列内に存在しない、または値が許容範囲にない場合のエラーを表します。"
  },
  {
    "text": "ReferenceError",
    "description": "存在しない変数が参照された場合のエラーを表します。"
  },
  {
    "text": "Reflect",
    "description": "ReflectはJavaScriptの操作のインターセプトに対するメソッドを提供するビルトインオブジェクトです。メソッドはproxy handlersのメソッドと同じです。Reflectは関数オブジェクトではありません。"
  },
  {
    "text": "RegExp",
    "description": "パターンに従ったテキストにマッチする正規表現オブジェクトを生成します。"
  },
  {
    "text": "Set",
    "description": "Set オブジェクトにより、primitive valuesでもオブジェクト参照でも、どんな型でも一意の値を格納します。"
  },
  {
    "text": "StopIteration",
    "description": "StopIteration オブジェクトはレガシーイテレータプロトコルにおける反復の終了を通知するために使用します。"
  },
  {
    "text": "String",
    "description": "String グローバルオブジェクトは文字列のコンストラクタ、あるいは文字列シーケンスです。"
  },
  {
    "text": "Symbol",
    "description": "symbolは、ユニークで不変なデータ型で、オブジェクトのプロパティ識別子として使われたりします。symbolオブジェクトは、Symbolプリミティブデータ型をラップした暗黙的なオブジェクトです。"
  },
  {
    "text": "SyntaxError",
    "description": "構文的に不正なコードを解釈しようとした場合のエラーを表します。"
  },
  {
    "text": "TypeError",
    "description": "値が期待される型でない場合のエラーを表します。"
  },
  {
    "text": "URIError",
    "description": "奇妙な形のURIに遭遇した場合のエラーを表します。"
  },
  {
    "text": "Uint16Array",
    "description": "Uint16Array タイプは、16 ビット符号なし整数値の配列を表します。\nこれが設定されると、オブジェクトのメソッドあるいは配列の添字構文 (括弧を用いる表記) を用いて、配列の要素を参照することが可能になります。"
  },
  {
    "text": "Uint32Array",
    "description": "Uint32Array タイプは、32 ビット符号なし整数値の配列を表します。\nこれが設定されると、オブジェクトのメソッドあるいは配列の添字構文 (括弧を用いる表記) を用いて、配列の要素を参照することが可能になります。"
  },
  {
    "text": "Uint8Array",
    "description": "Uint8Array タイプは、8 ビット符号なし整数値の配列を表します。\nこれが設定されると、オブジェクトのメソッドあるいは配列の添字構文 (括弧を用いる表記) を用いて、配列の要素を参照することが可能になります。"
  },
  {
    "text": "Uint8ClampedArray",
    "description": "0-255に縮められた8ビット符号付き整数の配列を表します。内容は0で初期化されます。一度確立されたら、オブジェクトのメソッドを使用して、または、標準配列インデックス構文を使用して(すなわち、角括弧表記を使用して)、配列内の要素を参照できます。"
  },
  {
    "text": "WeakMap",
    "description": "WeakMap は、オブジェクトをキーにする、キー/バリュー型のマップです。"
  },
  {
    "text": "WeakSet",
    "description": "コレクションとして弱保持されたobjectsを格納します。"
  }
]

Javascriptのトップレベルメソッドの説明

Javascriptのトップレベルメソッドの説明です。
同じくMozillaのところの丸々コピペです。

[
  {
    "title": "decodeURI()",
    "text": "decodeURI\(.*\)",
    "description": "encodeURI、またはそれに類似したルーチンによって作成された URI (Uniform Resource Identifier) をデコードします。"
  },
  {
    "title": "decodeURIComponent()",
    "text": "decodeURIComponent\(.*\)",
    "description": "encodeURIComponent、もしくはそれに類似したルーチンによって作成された URI (Uniform Resource Identifier) の要素をデコードします。"
  },
  {
    "title": "encodeURI()",
    "text": "encodeURI\(.*\)",
    "description": "特定の文字の実体を UTF-8 文字エンコーディングで表された 1 つ、2 つ、あるいは、3 つのエスケープシーケンスに置き換えることで、統一資源識別子 (Uniform Resource Identifier (URI)) をエンコードします。"
  },
  {
    "title": "encodeURIComponent()",
    "text": "encodeURIComponent\(.*\)",
    "description": "特定の文字の実体を、UTF-8 文字エンコーディングで表された 1つ、2つ、あるいは、3つのエスケープシーケンスに置き換えることで、URI (Uniform Resource Identifier) をエンコードします。(サロゲートペアで構成される文字のみ4つのエスケープシーケンスになります)。"
  },
  {
    "title": "escape()",
    "text": "escape\(.*\)",
    "flags": "",
    "description": "非推奨の escape() メソッドは16進数のエスケープシーケンスで文字列を置換します。encodeURI または encodeURIComponent を代わりに使用してください。"
  },
  {
    "title": "eval()",
    "text": "eval\(.*\)",
    "flags": "",
    "description": "特定のオブジェクトを参照すること無く JavaScript コードの文字列を評価します。"
  },
  {
    "title": "isFinite()",
    "text": "isFinite\(.*\)",
    "flags": "",
    "description": "引数が有限数であるかどうかを判定します。"
  },
  {
    "title": "isNaN()",
    "text": "isNaN\(.*\)",
    "flags": "",
    "description": "引数が数でないかどうかを評価します。"
  },
  {
    "title": "parseFloat()",
    "text": "parseFloat\(.*\)",
    "flags": "",
    "description": "引数として与えられた文字列を解析し、浮動小数点数を返します。"
  },
  {
    "title": "parseInt()",
    "text": "parseInt\(.*\)",
    "flags": "",
    "description": "文字列の引数をパースし、指定された基数の整数を返します。"
  },
  {
    "title": "unescape()",
    "text": "unescape\(.*\)",
    "flags": "",
    "description": "非推奨のunescape()メソッドは、十六進エスケープシーケンスは、それが表す文字に置き換えた新しい文字列を計算します。エスケープシーケンスは、escapeのような関数によって導入されます。unescapeは非推奨なので、かわりにdecodeURIまたは、decodeURIComponentを使用してください。"
  },
  {
    "title": "uneval()",
    "text": "uneval\(.*\)",
    "flags": "",
    "description": "オブジェクトのソースコードを表す文字列を生成します。"
  }
]