行並べ替え

提供: MeryWiki
移動先: 案内検索

選択範囲(矩形可)の文字列を比較し、論理行単位で並べ替えるマクロです。

【注意点】

  • 処理速度が遅い上、処理中はCPUをフルに使用します(作者の環境では、1万行の処理に約1~2秒かかりました)。
    マクロ実行後、ステータスバーに処理時間が報告されるので参考にしてください。

SortLineBySelection.png

※全行を ※非選択時に表示。文書全体が並べ替えの対象になります。
並べ替え(Unicode) Unicode順の並べ替えを実行します。
並べ替え(SJIS風) Shift_JIS風の並べ替えを実行します。→ #並べ替え(SJIS風)
昇順 - 降順 昇順 (A→Z) か降順 (Z→A) かを切り替えます。
文字順 - 数値順 半角数字列の並べ方を切り替えます。
文字順 (1<10<2) は、文字として一字ずつ比較します。
数値順 (1<2<10) は、非負整数(正の整数)として比較します。→ #数値順
大文字/小文字を区別する しない場合、大文字を小文字とみなします。
全角/半角英数を区別する しない場合、全角英数を半角とみなします。
半角/全角カナを区別する しない場合、半角カナを全角とみなします。
ひらがな/カタカナを区別する しない場合、ひらがなをカタカナとみなします。

ソースコード

ダウンロード→ 行並べ替え.zip (rev.8)

  • 拙作ですがアイコンファイル (行並べ替え.ico) を同梱してあります。
    Mery 2.4.7 以降の場合、マクロ (行並べ替え.js) と同じフォルダに、
    Mery 2.4.6 以前の場合、Mery.exe と同じフォルダに、
    アイコンファイルを配置しておくとツールバーにアイコンが読み込まれます。

更新履歴

ファイル:行並べ替え.zip

  • 2017/06/25 (rev.8)
    • アイコンファイルに24x24・32x32・48x48の画像を追加。
    • 非選択時、並べ替え不可 → 文書全体を対象にする仕様に変更。
    • 折り返し行を探査する方法を変更し、高速化(1万表示行で4秒→0.1秒)。
    • 並べ替え実行後、実行範囲を行選択する際、末尾の改行を含めるようにした。
    • 「並べ替え(Shift_JIS風)」→「並べ替え(SJIS風)」に改称。
    • 「辞書順」→「文字順」に改称。
    • 「文字順」→「数値順」に初期設定を変更。
    • 「数値順」で同値の場合、文字順 → 先頭ゼロ比較に変更し、高速化。
    • 「半角/全角英数カナを区別」の対象から半角カナを除外し、「全角/半角英数を区別」に変更。
    • 「半角/全角カナを区別」設定を追加。
    • 比較用変換の処理を改造。
      • 索引を「正規表現」と「文字列」の構成に仕様変更。
      • 索引の改行文字 [LF] と半角数字 (0~9) の符号位置は変更厳禁だった仕様を解消。
      • 索引の上限字数を 65535 と明文化し、上限以上は処理しないようにした。
      • 数値順の上限桁数が 65519 → 65505 に 14 縮小。
    • 並べ替え(Unicode) 時、サロゲートペアの扱いが変わりました。
      rev.7 までは、UTF-16順 (U+D7FF~E000 の間) に並びましたが、
      rev.8 からは、Unicode順 (U+FFFF の次) に並びます。
    • 並べ替え(SJIS風) 時、Shift_JISに無い文字の扱いが変わりました。
      rev.7 までは、未定義文字 (0xFFFF) に置き換えていましたが、
      rev.8 からは、Unicode順と同様に並びます。
  • 2015/12/26 (rev.7)
    • アイコンの指定先を "My Macros\行並べ替え.ico" → "行並べ替え.ico" に変更。
    • 矩形選択(始点or終点が左下かつ論理行頭)時、下端の行が範囲から漏れる不具合を修正。
  • 2014/10/12 (rev.6)
    • 「辞書順/数値順」設定を追加。
    • 「半角/全角を区別」の対象から記号を除外し、「半角/全角英数カナを区別」に変更。
      半角/全角の対応が定義しづらく、区別の対象となる文字が分かりにくいため。
    • ポップアップメニューにアクセラレータキー(アクセスキー)を割り当て。
    • ポップアップメニューの「半角/全角」「大/小文字」の配置を交換。
    • ポップアップメニューの「大/小文字」「半角/全角」「かな/カナ」をチェックボックス式に変更。
  • 2014/07/27 (rev.5)
    • アイコンファイルを同梱し、読み込むようにした。
    • 並べ替え実行後、実行範囲を行選択するようにした。
    • 矩形選択時、折り返し行が含まれていると、正しく並べ替えられない不具合を修正。
      ただし、折り返し行を探査する処理に時間がかかります(1万表示行で4秒)。
    • rev.4 の処理高速化手法の一部(コード変換)を取り下げ。
      マクロの処理速度では大量処理にも限界があるので、可読性を優先しておくことに。
    • 半角/全角変換表の仕様を ["正規表現","文字"] → [/正規表現/,"文字"] に変更。
    • 「半角/全角を区別」の対象に " ' \ の3字を追加。
    • 「大/小文字を区別」の処理を toLowerCase() → toLocaleLowerCase() に変更。
      Mery の大文字/小文字変換と同様、OS の言語設定を考慮するようにした。
    • 「かな/カナを区別」の処理を「半角/全角を区別」と同じ仕様に変更(ひらがなが多い場合に高速化)。
    • 「かな/カナを区別」の対象に ゝ ゞ の2字を追加。
  • 2013/09/19 (rev.4) ファイル:行並べ替え r4.zip
    • ks 氏の改善策を参考に、高速化(1万行で2秒→1秒)。
    • 並べ替え(Shift_JIS風) 時、Shift_JISに無い文字の扱いが変わりました。
      rev.3 までは、昇順/降順を問わず最後尾に並びましたが、
      rev.4 からは、昇順/降順に従います。
  • 2013/09/19 (rev.3) ファイル:行並べ替え r3.zip
    • 「半角/全角を区別」設定を追加。
    • 非選択時にエラーが出る不具合を修正。
      ポップアップメニューに「並べ替えが行えない」旨を表示するようにした。
    • 並べ替え(Unicode) 時においても Shift_JIS 用の準備をしていたムダを解消。
  • 2013/08/29 (rev.2) ファイル:行並べ替え r2.zip
    • ks 氏の改善策を参考に、高速化(1万行で30秒→2秒)。
    • 並べ替え(Unicode) 時、水平タブが空行より前に並ぶバグがあります(rev.3 で修正)。
  • 2013/08/25 (rev.1)
    • 初版公開。

仕様

並べ替え(SJIS風)

Microsoft コードページ932 [1] をベースに、下記の仕様で並べます。

  • NEC特殊 / IBM拡張記号類 ①~" は、全角記号の次に。の次に並べる。
  • ローマ数字の小文字形 ⅰ~ⅹ は、大文字形 Ⅰ~Ⅹ の次に並べる。
  • 未定義文字 (0x80, A0, FD, FE, FF)、ユーザー定義外字 (0xF0A0~F9FC) は非対応。
  • Shift_JIS(CP932)に無い文字は、Unicode順に並べる。(rev.8以降)

数値順

半角数字列を非負整数(正の整数)の順に並べます。

  • 負数-12 小数0.12 分数1/2 指数1.2e3 などには対応していません。
  • 全角数字は「全角/半角英数を区別」設定で扱いが変わります。
    区別する場合、全角数字は対象外となり、文字順になります。
    区別しない場合、半角数字とみなすため、数値順になります。
  • 同値の場合、先頭ゼロの個数で比較します。例> 001011
  • 仕様上、10の65505乗 以上の数値は扱えません。超過した数値同士は文字順で比較されます。

大文字/小文字を区別しない

大文字を小文字とみなして並べます。

  • [ ] \ ^ _A の前に並ぶようになります。
  • ギリシャ文字やローマ数字など、大小が存在する文字も区別しなくなります。
  • 小さい っ ぁ ゃ など仮名文字は対象外です。

全角/半角英数を区別しない

全角英数 0~9 A~Z a~z を半角とみなして並べます。

半角/全角カナを区別しない

半角カナ類 ヲ~ッ ア~ン 。 「 」 、 ・ ー ゙ ゚ を全角とみなして並べます。

ひらがな/カタカナを区別しない

ひらがなをカタカナとみなして並べます。

  • ゛ ゜ ゟ の前に並ぶようになります。
  • ゔ ゕ ゖヴ ヵ ヶ とみなすため、Shift_JIS(CP932)に無い文字と扱われなくなります。

コメント