字下げ・字上げ

提供: MeryWiki
移動先: 案内検索

論理行単位で字下げ・字上げします。
インデントには任意の文字列を設定できます。※初期設定は半角空白2個です。

Indent-Unindent.png

更新履歴[編集]

  • 2015/02/14
    • (字上げ) 「インデントの定義」に正規表現の特殊文字があると誤動作する不具合を修正。
    • 矩形選択(始点or終点が左下かつ論理行頭)時、下端の行が範囲から漏れる不具合を修正。
  • 2014/02/09
    • 初版公開。

字下げ (インデント)[編集]

  • 複数行選択時 (選択範囲が2行以上) は、字下げします。
    単一行選択時 (選択範囲が1行以内) または非選択時は、タブ文字を挿入します。
    ※選択範囲の行数は、ステータスバーの「xx文字 (xx行) 選択」の部分で判断してください。
  • 空行 (改行のみの行) は字下げされません。
  • 「Tab」キーなどに割り当ててご利用ください。
//■字下げ(インデント)
// 2014/02/09-2015/02/14
//・論理行単位で字下げする。空行は字下げしない。非選択時/単行選択時はタブ挿入。
 
//■インデントの定義 ●初期値="  " (半角空白2個)
var $indent = "  ";
 
with (Document.Selection) {
  //非選択時/単行選択時はタブ挿入して終了
  if (GetTopPointY(mePosView)==GetBottomPointY(mePosView)) {Text="\t"; Quit();}
 
  var ty = GetTopPointY(mePosLogical);
  var by = GetBottomPointY(mePosLogical);
  var bx = GetBottomPointX(mePosLogical);
  var br =(Text.match(/\n/g)||[]).length;
  if (bx==1 && by-ty==br && br) by--;	//次行行頭を含めないよう対策
  SetActivePoint(mePosLogical, 1, by+1);
  SetAnchorPoint(mePosLogical, 1, ty);
  Text = Text.replace(/^(?!$)/gm,$indent); //(空行を除く)行頭にインデントを付加
  SetActivePoint(mePosLogical, 1, by+1);
  SetAnchorPoint(mePosLogical, 1, ty);
}

字上げ (アンインデント)[編集]

  • 単一行選択時 (選択範囲が1行以内) または非選択時でも、字上げします。
  • 「Shift + Tab」キーなどに割り当ててご利用ください。
//■字上げ(アンインデント)
// 2014/02/09-2015/02/14
//・論理行単位で字上げする。非選択時/単行選択時でも字上げする。
 
//■インデントの定義 ●初期値="  " (半角空白2個)
var $indent = "  ";
 
with (Document.Selection) {
  //特殊文字をエスケープ
  $indent = new RegExp("^"+$indent.replace(/([$()*+.?[\\\]^{|}])/g,"\\$1"),"gm");
 
  var ty = GetTopPointY(mePosLogical);
  var by = GetBottomPointY(mePosLogical);
  var bx = GetBottomPointX(mePosLogical);
  var br =(Text.match(/\n/g)||[]).length;
  if (bx==1 && by-ty==br && br) by--;	//次行行頭を含めないよう対策
  SetActivePoint(mePosLogical, 1, by+1);
  SetAnchorPoint(mePosLogical, 1, ty);
  Text = Text.replace($indent,"");	//行頭のインデントを削除
  SetActivePoint(mePosLogical, 1, by+1);
  SetAnchorPoint(mePosLogical, 1, ty);
}