ウィンドウの位置とサイズを拡張子で指定

提供: MeryWiki
移動先: 案内検索

http://www.haijin-boys.com/index.php?fuseaction=discussions.replies&discussion_id=2460 で Nakajima さんが要望していた「起動オプションでウィンドウの表示位置を指定」 のマクロによる実装です。表示位置はマクロファイルにハードコーディングするので、 厳密には要望どおりではありません。

(下のマクロを SetWindowPos.js として保存した場合) mery.exe "%1" /mf "マクロのパス\SetWindowPos.js" と /mfオプション を開くファイル名の後ろにつけることが重要。

ウィンドウの操作に Win32 APIを使うので SFC mini が必須です。 Vista 以降の OS をお使いの方は Vector で公開されている正式版 Ver 1.0.1 で はなく sourceforge にある 1.0.5 βをインストールしてください。 http://sourceforge.jp/projects/sfcmini/


#tile="ウインドウの位置とサイズを拡張子別に指定"
(function(){
 if(Editor.EnableTab && Editor.Documents.Count>1) {
   // タブ表示モードで起動済みなら位置・サイズは変更しないほうがよい。
   Quit();
   // 強制的に SDI モードにするなら非推奨の ExecuteCommandByID を使う
   // var MEID_WINDOW_COMBINE = 2190;
   // Editor.ExecuteCommandByID(MEID_WINDOW_COMBINE);
 }
 try {
   var FindWindow = new ActiveXObject("SfcMini.DynaCall");
   var SetWindowPos = new ActiveXObject("SfcMini.DynaCall");
   FindWindow.Declare("user32", "FindWindowA");
   SetWindowPos.Declare("user32","SetWindowPos") ;
 }catch(e){
   Status = "SFC miniが無いため、APIアクセスができません";
   Quit();
 }
 var filename = Editor.ActiveDocument.FullName;
 var editmark = (Editor.ActiveDocument.Saved)?"":" *";
 var arr = filename.split(".");
 var ext = (arr.length)?arr[arr.length - 1]:"";
 switch (ext.toLowerCase()){
   /* 拡張子別の設定をここに書く */
   case "txt":
     var pos={"left":200,"top":200,"width":800,"height":600};
     break;
   //case "js","vbs":/* vbsとごっちゃになってた */
   case "js":
   case "vb":
     var pos={"left":100,"top":100,"width":1200,"height":600};
     break;
   default:
     var pos={"left":100,"top":100,"width":800,"height":600};
 }
 try{
   var hWndDoc = FindWindow(0, filename + editmark + " - Mery");
   SetWindowPos(hWndDoc, 0, pos["left"], pos["top"], pos["width"], pos["height"], 64);
 } catch(e) {
   Status = "API実行エラー";
 }
})();