Fireタブレット (2017) を買って思ったこと、気になったこと、最初にやったこと。

やっと来た!すべすべしてて気持ちいいよー。

驚きのコスパ、驚きの性能、驚きの頑丈さ。アマゾンさんの本気端末「Fireタブレット」をようやく購入したので今日はこんなお話です。

目次

1. 2017年の新型! (第7世代)
2. Fire HD 8とFire 7を比較してみた
3. 性能も違ってた!
4. ベンチマークをとってみた
5. 気になった点と改善方法
6. 保護フィルムとケース
7. まとめ

2017年の新型! (第7世代)

2017年モデルは6月に発売されていましたが、私の手元では2013年モデルのKindle Fire HD 7"がまだまだ元気に活躍してくれていたので、なかなか新型の購入に踏み切れませんでした。

2013年モデルを買って思ったのが「なんかダサくね?」だったので、iPadのような愛着もわかず、頑丈さだけが取り柄の端末として雑に扱ってまいりました。

寝ながら使って朝起きたら尻の下敷きになってたり、寝返りを打った時に頭に刺さったり、ジュースを運ぶ時にお盆の代わりにしたり……。

でもね!

パソコンショップで見かけた最近のFireタブレットは昔のヤツと全然違ってシュッとしててスベスベしてて、とっても落ち着いたデザイン。「コレ、いるわ」と。

ちなみに2017年モデル、耐久性はiPad mini 4の2倍だそうです。

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

箱を開けば……

はじめてiPadを買ったときは「保護フィルムを貼り付けてケースに入れるまでホコリの侵入を1ミリたりとも許さないぞ!」と風呂場で全裸で開封したものですが、そんな私ももう大人。

メリメリっと勢いよく開封して保護フィルムやケースなしで雑に扱ってやる所存です。

……。

アカン、コレ、めっちゃ良いモノだわ。

前言撤回、保護フィルムとケースありの方向でお願いします!とつぶやきながら付属品を確認。充電器とマイクロUSBケーブル、それから何か説明書のようなもの。

昔のモデルだと充電器が別売りだったけど今は標準でついてますのんな。充電器は5Vの1Aなので急速充電ってほどでもないけど通常使用する分にはまったく問題なし。

Fire HD 8とFire 7を比較してみた

左がFire HD 8、真ん中がFire 7、右が文庫本です。なぜFire HD 8とFire 7が両方あるのかといいますと、どっちを買うか迷ってどっちも買ってしまったからです。

Fire 7とFire HD 8で異なる点は公式サイトの比較表によりますと、画面の大きさ、オーディオ、保存できる容量、電池の持ち具合、あとは重さぐらいのようですが実際のところ、どうなのでしょうか?

画面の大きさが違う

物理的な画面の大きさはもちろんですが、画面に映し出される絵のきめ細かさにも差があります。

画面サイズ7インチ、解像度1024px × 600px (171 ppi) のFire 7と、画面サイズ8インチ、解像度1280px x 800px (189ppi) のFire HD 8ですが、よーく目を凝らして比較するとFire HD 8のほうが少し文字がくっきりしているように見えます。

Fire 7でも文字がぼやけて見づらいなんてことはありませんが、Fire HD 8はその名の通りHD解像度に対応しているところがポイントですね。

  • HD動画 (1280 x 720) をキレイに見たいならFire HD 8
  • 最近、近くのものが見えにくくなってきた人はFire HD 8

オーディオが違う

Fire 7はモノラル音声、Fire HD 8はDolby Atmos対応でデュアルステレオスピーカーとのことですが、これがどのくらい違うのかと言いますと……全然違います。

Fire 7の音は「鳴ってるな」ってなぐらいの感覚ですが、Fire HD 8の音は想像以上に臨場感があって驚きます。映画を見ているとちゃんと音が左のほうから聞こえてきたりして振り向いちゃうぐらいのリアルなサウンドです。

Dolby Atmosテクノロジー、すっごーい!

タブレットの内蔵スピーカーに音質を求めてもなぁ……。って思ってましたが、こういう進化のカタチはアリですね。

  • 臨場感のあるサウンドをタブレットに求めるならFire HD 8

保存できる容量が違う

Fire 7が8GBと16GBモデル、Fire HD 8が16GBと32GBモデルとなっており、容量の大きいほうにしようかなと迷ってしまうかもしれません。

でも、お待ちください!

256GBまでのmicroSDカードに対応しているので、容量が足りなくなったら街の電器屋さんに行ってmicroSDカードを買えば良いだけですね。microSDカードなら16GBでも1,000円未満で買えちゃいます。

  • 特にこだわりがなければ安いモデルとmicroSDカードで良さそう

電池の持ち具合が違う

これは気になりますね。仕様上はFire 7が8時間、Fire HD 8が12時間となっていますが、体感的にこの差は大きいと思いました。

私の印象としては、Fire 7は「あら、そろそろ充電しないとね」みたいな普通感、Fire HD 8は「まだめっちゃ電池残ってるスゲェ!」みたいな安心感があります。

でも、そもそもWiFiタブレットって家の外に持ち出すことが少ないので、いつでも充電できるって考えると、電池の持ち具合はそれほど気にしなくても良いかもしれません。

  • 面倒くさがり屋さんは電池長持ちFire HD 8

重さが違う

タブレットって片手で持って使うシーンが多いから、重さに関してはちょっと考えさせられます。Fire 7 (295g) は外見に見合った重さ、Fire HD 8 (369g) は外見以上にずっしりくる重さを感じました。

端を持った場合はその縦長の形状ゆえにテコの原理が働いちゃって、1インチ違うだけなのにこんなに重さが違うものなのかと真顔になってしまいます。

左の写真は実際にFire HD 8を持ってみたところですが、このような持ち方だと私の貧弱な親指ではすぐに限界が来ます。

Fire 7は重さもさることながらコンパクトな形状も手に馴染むので、片手で持って文庫本感覚で読書できました。

Fire HD 8は片手で持つには少々つらい重量感。ポジティブに考えると、この重さが高級感をかもしだしているとも言えるでしょう。

  • 片手で持って読書に使うならFire 7
  • 両手で持つかデスクに置いて使うならFire HD 8

性能も違ってた!

公式サイトの比較表では性能面の差がほとんど記されていませんが、アマゾンの開発者向けサイトにもっと詳細な比較表が掲載されています。

見やすいように公式サイトの比較表と詳細な比較表を組み合わせて体裁を整え、異なる部分に色を付けてみました。

 Fire 7(2017)Fire HD 8(2017)
価格¥8,980¥11,980
画面サイズ7 インチ画面8 インチ画面
画面解像度1024px × 600px IPS方式1280px x 800px IPS方式
HDサポートあり:HD 720p
RAM1 GB1.5 GB
SoCMediaTek MT8127BMediaTek MT8163V/B
CPUARM Cortex-A7
(クアッドコアプロセッサ 1.3GHz)
ARM Cortex-A53
(64-bit クアッドコアプロセッサ 1.3GHz)
GPUARM Mali-450 MP4ARM Mali-T720 MP
WiFi802.11 a/b/g/n
(デュアルバンド)
802.11 a/b/g/n
(デュアルバンド)
内部ストレージ8/16GB16/32GB
外部ストレージ最大 256 GB の MicroSD最大 256 GB の MicroSD
Bluetooth4.1 LE4.1 LE
位置情報サービスWiFi ベースWiFi ベース
前面カメラ0.3 メガピクセル0.3 メガピクセル
背面カメラ2 メガピクセル2 メガピクセル
オーディオモノラルスピーカーDolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイクありあり
マルチタッチ10 ポイント10 ポイント
加速度計ありあり
コンパスなしなし
ジャイロスコープなしなし
光センサーなしあり
近接センサーなしなし
バッテリー8時間12時間
サイズ192 x 115 x 9.6mm214 x 128 x 9.7mm
重量295g369g

CPU (処理速度) が違う

公式サイトの比較表にはFire 7とFire HD 8ともに「クアッドコア1.3GHz」としか記載されていませんが、性能の異なるCPUが搭載されているようです。

Fire 7を単独で使用しているとそれほど気になりませんが、インターネットのサイトを開く速度や本をダウンロードする速度、アプリをインストールする速度などFire HD 8と比べるとFire 7はちょっともたつきを感じます。

GPU (描画性能) が違う

公式サイトの比較表には記載されていませんが、Fire HD 8の方が高性能なモノが搭載されています。HDサポートのためだと思いますが、動画再生はもちろん、3Dゲームなどの動作速度でも差が出てくる部分ですね。

Fire 7でも猫の世話をするような簡易な3Dゲームは動きましたが、Fire HD 8ぐらいの性能があるとより快適です。

RAM (メモリ容量) が違う

これは公式サイトの比較表にはありませんが、技術仕様のほうに記載されています。Fire 7が1GBなのに対しFire HD 8は1.5GBということでFire HD 8のほうが全体的な動作速度においても有利かと思います。

ベンチマークをとってみた

アマゾンのアプリストアでベンチマークソフト「Geekbench 3」を見つけましたので、実際にどれほどの差があるのか調べてみました。

Fire 7 (2017)

システム情報ではCPUが「ARM MT8127 @ 1.30 GHz 1 Processor, 4 Cores」、メモリが891MBとなっています。

スコアはシングルコアが359、マルチコアが1184。

ちなみにAsus Nexus 7 (2012) はシングルコアが338、マルチコアが1073とのことですので、そこそこの性能と言っても良いでしょうか。

Fire HD 8 (2017)

システム情報ではCPUが「ARM MT8163 @ 1.30 GHz 1 Processor, 4 Cores」、メモリが1.34GBとなっています。

Fire 7の1.5倍ほどのスコアが出ています。

これに近いスコアはAsus Nexus 7 (2013) でシングルコア590、マルチコア1832です。

Kindle Fire HD 7" (2013)

2013年モデルも計測してみました。

システム情報ではCPUが「ARM OMAP4 @ 1.50 GHz 1 Processor, 2 Cores」、メモリが783MBとなっています。

なんか、まだ戦えそうな気がします。

Fire 7とFire HD 8のベンチマーク結果を見ると3,000円という価格の差以上に性能に差があるように思えます。

しかしながらFire 7でもインターネットやメール、動画や音楽の再生、アプリ・ゲームなど通常の使用においては十分なスペックでしょう。

  • 3,000円の差よりスペックの差のほうが大きい
  • インターネットやメール、読書ならFire 7でも十分
  • 1.5倍の性能の差は、体感速度でも感じられるぐらいには違う

気になった点と改善方法

お得感満載で良いことだらけのFireタブレットかと思いきや、コナン君ばりに「アレレ、おかしいぞ?」と首をかしげてしまうところがありました。

FireタブレットはAndroidをベースにアマゾンがカスタマイズした独自のOS「Fire OS」が搭載されていますが、最近のFire OSはAndroidの使い勝手をきちんと残しつつ、アマゾンのサービスとシームレスに連携しており、とても使いやすくなってました。

でも、Google Playが使えません。

アプリはアマゾンのアプリストアからしかダウンロードできないので、Google Playで購入したアプリを使用することもできません。

前向きにとらえるとFireタブレットで動作するものだけがアマゾンのアプリストアに置いてあるわけなので「安心して購入できる」と考えることもできるわけですが。

ここだけの話、ゴニョゴニョすればGoogle Playも使えるようになりますが、それはまた別の機会に……。

  • Fire OSは意外と使いやすい
  • Google Playは使用できない
  • オマケにアマゾンアプリストアにLINEアプリがない

ロック画面に広告が表示される

これには驚きました。

新品の状態で初期設定だけ終わらせた直後、無料アプリをインストールしたわけでもないのにロック画面全体がファイナルファンタジーの広告になってしまっており、誤ってクリックしてしまうと購入ページにぶっ飛ばされてしまうという恐ろしい仕様。

安いモノだから、仕方ないか。

などと思うはずがない!

設定でロック画面に広告を表示しないようにすることができました。

ロック画面の広告を消す方法

ホーム画面にある「設定」を開き、「アプリとゲーム」をタップします。

「Amazonアプリケーションの設定」をタップします。

この設定画面では「アプリの使用状況データを収集」という項目もオフにしておくと勝手に情報を送信されなくなります。

「キャンペーン情報」をタップします。

「ロック画面のキャンペーン情報」の右端にあるスイッチをオフにします。

「ロック画面でキャンペーン情報を非表示」のメッセージが表示されたら「オフ」をタップします。

これでロック画面に表示されていた広告が消えているはずです。

音量を最小 (1メモリ) にしても結構大きい

深夜に映画を見ていて (エッチなのじゃないよ) 気になったのが最小音量の大きさです。

音量を一番下まで下げるともちろん無音ですが、ボタンを押して1メモリ上げただけでも結構大きな音になってしまいます。

Dolby Atmosだから仕方ないよね。

とか言うと思ったら大間違い!

どうにか微調整が出来ないものかと調べてみたところ、アマゾンのアプリストアで「ExtraVolumeConfig(音量微調整)」というアプリを見つけました。

設定方法

ExtraVolumeConfigアプリを起動して「拡張音量設定」の「有効」にチェックを入れて、音量スライダーを左に移動します。

この設定は全体の音量に反映されます。私は「-4」に設定しています。

保護フィルムとケース

5,000円そこそこのタブレットに1,350円の保護フィルムや3,480円の純正ケースが必要なのかという点は非常に悩ましいですね。

昔のFireタブレットはゴリラガラスが採用されていて保護フィルムなしでも傷ひとつつかない頑丈さだったのですが、いつの間にやらゴリラガラスは廃止されていたようで、それを聞くと保護フィルムぐらいは欲しくなってしまいます。

困ったときのセリア先輩

そんな時に役立つのが近所の百均。スマホやタブレット関連のグッズも大変充実してるので使えそうなブツを購入してきました。

光沢フリーカット液晶保護フィルム (100円)

黒い画面になったときにオッサンの顔が表示される機能が邪魔なので、できれば光沢なしが良かったのですがセリアでは見つけられなかったので今回は光沢ありで。

よく似たパッケージでiPad mini用のモノもあるので注意してください。

フリーカットなので自分で好みのサイズに切ってやる必要があります。

カッターマット (100円)

机を傷つけないために必須です。その辺に転がってる雑誌の上とかでやって失敗してウァァァン!ってなる未来が見えたので、ちゃんと準備しました。

で、カッターナイフでシュッと切り取って四隅はハサミで切り落とせば良いんじゃね?とか思うじゃん。

世の中はそんなに甘くなかった。

失敗例

カッターナイフで切り取った保護フィルムを貼り付けたら端に空気が入ってこんなことになりました。

どうやらカッターナイフで切ると切断面が反れたりデコボコになったりして上手く貼りつかなくなってしまう模様。

こういう時はおとなしく泣き寝入り。

するわけなかろうがっ!

いやー、世の中には便利な道具があるものですね。

ロータリーカッター (600円)

布や薄手のゴムシート、フィルムなどの切りにくい素材を自在にカットできるというロータリーカッターを使用してみたところ、簡単に美しい仕上がりになりました。

成功例

四隅はハサミで2ミリぐらい切り落とせばイイ感じになります。

セリアの光沢フリーカット液晶保護フィルムは空気も入りにくく、何回か貼りなおしてもキレイに貼りつくのでオススメですね。

最終課題、ケースの選択

セリアでタブレット用の袋やiPad mini用の袋などを買ってみましたが大きすぎたり小さすぎたりしてどうもしっくり来ませんでした。

ケースなしでの運用もアリだと思いますが、アマゾンでたまたま見つけた激安ケースを買ってみました。

7インチ専用タブレットキーボード付ケース (送料込みで500円)

なんと、7インチ用なのにFire HD 8にピッタリ!

カバーはしっかりした作りになっており、裏面にはタブレットスタンドとして使える足が付いています。

残念ながらカバーのマグネットによるスリープ解除機能は動作しませんでした。

もちろんキーボードも使えます。

この価格なのでキーボードの品質はそれなりですが、ガジェットとしては面白いですね。

まとめ

結局のところFire 7とFire HD 8のどっちがオススメだよ!

って思いますよね。Fire 7とFire HD 8の両方を買った私ですが、正直なところFire 7ばかり使ってしまいます。

私は画面のキレイさとか音質の良さとか処理速度の速さとかを気にするほうなのですが、それ以上に価格の安さ (壊れてもショックを受けない) と軽さ (疲れない) と持ちやすさ (方手持ち可能) は重要な要素だと実感しました。

こんな人はFire 7でオッケー!

  • タブレットやスマホを触ったことがない
  • タブレットに興味はあるけど何が出来るのかわからない
  • 読書したいだけ
  • インターネットとメールに使いたいだけ
  • お子様がスマホを欲しがっているけどまだその時期じゃない
  • すでにAmazonプライム会員になっている

こんな人はFire HD 8で幸せになれるかも?

  • すでに7インチタブレットを持っている
  • 映画や音楽、ゲームにも使いたい
  • ご両親へのプレゼント
  • すでにAmazonプライム会員になっている

こんな人は買ってはいけない。

  • 家にインターネット回線がない
  • インターネット回線はあるけどWiFi (無線LAN) がない
  • すでに2016年モデルを持っている
  • この価格にお得感を感じない

以上、Fireタブレットの購入を検討されている方、Fireタブレットを注文して到着を待っている方、Fireタブレットを使って数日しか経過してない方のご参考になればと思って記事を書いてみました。

あと、Amazonプライム会員になるとFireタブレットが4,000円オフになるクーポン券が貰えます!

Amazonプライムが30日利用できる、無料体験登録はこちら。